現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


進行再発消化器癌における化学療法中止のタイミング

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
11178_13
著者:
福島 剛、安念 和哉、川向 裕司、大沼 法友、川嶋 麻有
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2014年
ページ数:
4ペ-ジ
ファイル容量:
1.30MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Value of the Palliative Prognostic Index, Controlling Nutritional Status, and Prognostic Nutritional Index for Objective Evaluation during Transition from Chemotherapy to Palliative Care in Cases of Advanced or Recurrent Gastrointestinal Cancer

Summary
 Objective: We investigated whether objective evaluation by using the palliative prognostic index(PPI), controlling nutritional status(COUNT), and prognostic nutritional index(PNI)can provide prognostic information during the transition from chemotherapy to palliative care in patients with advanced or recurrent gastrointestinal cancer. Methods: The subjects were 28 patients with gastrointestinal cancer who died of their disease between January 2009 and June 2012. We compared the PPI, COUNT, and PNI scores between patients who died within 90 days of completing chemotherapy(Group A, n=14)and patients who survived for 90 or more days(Group B, n=14). Results: The PPI score for Group A(4.0)was significantly higher than that for Group B(0.8)(p<0.001). The COUNT score was also significantly higher for Group A(6.3)than for Group B(3.9)(p=0.033). A significant difference in survival was evident when the cutoff value for PNI was set at 40 in the critical region(68/118, p=0.04). Conclusion: Our study suggests that the PPI, COUNT, and PNI may be useful for objective evaluation during the transition from chemotherapy to palliative care.

要旨
 目的: 進行再発消化器癌においてpalliative prognostic index(PPI),controlling nutritional status(COUNT),prognostic nutritional index(PNI)による客観的評価が化学療法中止の指標となり得るか検討した。方法: 2009年1月~2012年6月に癌死した消化器癌患者28例を対象とし,化学療法終了後90日未満で死亡した短期群(A群: 14例)と90日以上生存した長期群(B群: 14例)で化学療法終了時のPPI,COUNT,PNIを比較した。結果: PPIはA群4.0,B群0.8(p<0.001)とA群で有意に高値であり,COUNTもA群6.3,B群3.9(p=0.033)とA群で有意に高値であった。PNIは危険域であるPNI=40をカットオフ値に設定すると,生存期間に有意差を認めた(68/118日,p=0.04)。結語: 化学療法中止基準としてPPI,COUNT,PNIよる客観的評価の有用性が示唆された。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 41巻7号 2014年7月号トップへ

【原著】

▶進行再発消化器癌における化学療法中止のタイミング―Palliative Prognostic Index(PPI), Controlling Nutritional Status(COUNT), Prognostic Nutritional Index(PNI)を用いた客観的評価の有用性の検討―…福 島  剛ほか

このページの先頭へ