現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


胸腺カルチノイドに対してオクトレオチドLong Acting Repeatableを使用した2例

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
11183_13
著者:
岡部直行、井上卓哉、渡邉譲、武藤哲史、長谷川剛生、大杉純、樋口光徳、塩豊、鈴木弘行
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2014年
ページ数:
5ペ-ジ
ファイル容量:
1.44MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Two Cases of Thymic Carcinoid Treated with Octreotide Long-Acting Repeatable

Summary
 Thymic carcinoid is a rare disease that accounts for 3.1% of thymic tumors and 1.8-6% of all carcinoid tumors in Japan. Advanced thymic carcinoid has a 5-year survival rate of 28-31%. Compared with carcinoid tumors that arise in other organs, thyroid carcinoid tumors carry a relatively worse prognosis, and the most effective therapeutic strategy is thought to be surgical resection. However, for patients with recurrence and distant metastases, multimodal therapy including radiotherapy and/or chemotherapy is usually applied. No chemotherapy treatment regimen has been established in Japan, although the National Comprehensive Cancer Network Guidelines proposed the application of octreotide long-acting repeatable(LAR). In this report, we present two cases of thymic carcinoid that were treated with octreotide LAR and achieved long-term survival.

要旨
 胸腺カルチノイドはわが国の胸腺腫瘍の約3.1%を占める比較的まれな疾患であるが,5年生存率は28~31%と不良であり,しばしば治療に難渋する。治療は外科的切除が中心だが,再発,遠隔転移症例では化学療法や放射線療法が行われる。ただし,有効性が確立された化学療法はない。一方でNational Comprehensive Cancer Network(NCCN)のガイドラインでは,化学療法としてオクトレオチドlong acting repeatable(LAR)の有効性が明記されている。今回われわれは,胸腺カルチノイド症例に対してオクトレオチドLAR療法を行い,比較的長期にわたり生存が得られた2症例を経験したので報告する。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 41巻7号 2014年7月号トップへ

【症例】

▶胸腺カルチノイドに対してオクトレオチドLong Acting Repeatableを使用した2例…岡部 直行ほか

このページの先頭へ