現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


S-1+Paclitaxel(PTX)による術後化学療法にて長期生存が得られた腹膜播種を伴う胃腺扁平上皮癌の1例

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
11184_13
著者:
平野正満、小座本雄軌、一瀬真澄、戸川剛、高尾信行、水本明良、竜野真奈美、山本喜啓、米村豊
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2014年
ページ数:
4ペ-ジ
ファイル容量:
1.62MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

A Case of Gastric Adenosquamous Carcinoma with Peritoneal Dissemination in which Treatment with S-1 plus Paclitaxel Therapy Resulted in Improved Long-Term Survival

Summary
 Gastric adenosquamous carcinoma is a rare malignancy with a poor prognosis. We recently performed palliative gastrectomy for a gastric adenosquamous carcinoma with peritoneal dissemination and provided a course of systemic chemotherapy with S-1 plus paclitaxel(PTX)after the surgery. No serious adverse events were observed, and treatment with S-1 plus PTX was continued for 1 year before being switched to adjuvant chemotherapy with S-1 alone for another year. The tumor maker levels normalized within 2 months of the initial treatment, and the peritoneal dissemination could no longer be detected by abdominal computed tomography(CT). The patient remained in clinical remission and maintained long-term survival of over 8 years.

要旨
 胃原発腺扁平上皮癌は比較的まれな疾患で,一般の胃原発悪性腫瘍に比べ予後不良とされている。腹膜播種を伴う胃腺扁平上皮癌に対し姑息的胃切除を行い,術後にS-1+paclitaxel(PTX)による全身化学療法を行った。重篤な有害事象はみられなかったためS-1+PTXを1年間継続し,さらにS-1を1年間投与した。腫瘍マーカーは術後2か月で正常化し,腹部CTで播種病変は消失し再発はみられない。CRを維持し8年を超える長期生存の得られている進行胃腺扁平上皮癌の1例を経験したので報告する。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 41巻7号 2014年7月号トップへ

【症例】

▶S-1+Paclitaxel(PTX)による術後化学療法にて長期生存が得られた腹膜播種を伴う胃腺扁平上皮癌の1例…平野 正満ほか

このページの先頭へ