現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


化学療法により脱分化したと考えられるSquamous Cell Carcinoma with Adenocarcinoma Componentの1例

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
11190_13
著者:
根本 洋、楯 玄秀、梅本 岳宏、松原 猛人、水上 博喜、齋藤 充生、木川 岳、松宮 彰彦、田中 淳一
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2014年
ページ数:
4ペ-ジ
ファイル容量:
1.44MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

A Case of Esophageal Squamous Cell Carcinoma with an Adenocarcinoma Component That Dedifferentiated after Chemotherapy

Summary
 Case: A 69-year-old man was diagnosed with advanced esophageal cancer(well-differentiated squamous cell carcinoma). Neoadjuvant chemotherapy consisting of nedaplatin and 5-fluorouracil(5-FU)was initiated. After two courses of chemotherapy, the patient was judged to have achieved a clinical complete response. The patient then decided against undergoing surgery and opted instead to continue with the chemotherapy, receiving five courses in total. However, the esophageal cancer recurred, and subtotal esophagectomy was performed in January 2011. Squamous cell carcinoma with an adenocarcinoma component, which consisted of poorly differentiated squamous cell carcinoma and tubular adenocarcinoma cells, was observed at the primary site. Metastasis of the cancer to the liver was detected 2 months after surgery. The subsequent administration of four courses of docetaxel to the patient did not result in any beneficial effects, and the patient developed carcinomatous pleurisy and died of this complication in November 2011. The patient survived for a total of 21 months after starting chemotherapy. In this case, the chemotherapy itself may have resulted in the dedifferentiation of a well-differentiated squamous cell carcinoma to result in a poorly differentiated squamous cell carcinoma with an adenocarcinoma component.

要旨
 症例: 進行食道癌(高分化扁平上皮癌)の69歳,男性。術前化学療法2コース後にCRと判定した。患者は化学療法の継続を希望し,計5コースを行った。その後,局所に再燃を認め食道亜全摘術を行った。手術標本では,低分化扁平上皮癌と管状型腺癌で構成されたsquamous cell carcinoma with adenocarcinoma componentを確認した。術後2か月目に肝転移がみられ,docetaxel療法を行ったが効果はなく癌性胸膜炎により死亡した(全生存期間21か月)。本症例は,高分化扁平上皮癌が化学療法後により腺癌を含む低分化扁平上皮癌に脱分化したと考えられた。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 41巻7号 2014年7月号トップへ

【症例】

▶化学療法により脱分化したと考えられるSquamous Cell Carcinoma with Adenocarcinoma Componentの1例…根 本  洋ほか

このページの先頭へ