現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


S-1単剤療法が著効した乳頭皮膚原発扁平上皮癌の1例

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
11191_13
著者:
村上聡一郎、梅田 修洋、宗崎 正恵、三好 圭、石川 幹真、内山 明彦、大内 清子、中野 龍治
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2014年
ページ数:
4ペ-ジ
ファイル容量:
1.38MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

A Case of Squamous Cell Carcinoma of the Nipple Skin Successfully Treated with S-1 Alone

Summary
 Squamous cell carcinoma of the breast is uncommon, but that of the nipple skin is rarer. The effect of chemotherapy in these cases is yet to reach consensus. We report a rare case in which primary squamous cell carcinoma of the nipple skin was successfully treated with S-1 alone. A 64-year-old woman was admitted to our hospital because of a granulomatous tumor mass over the right nipple, which she was aware of for 10 years; the tumor showed a rapid increase in growth before admission. The tumor was approximately 4 cm at the first visit, and was diagnosed as squamous cell carcinoma by incisional biopsy. We administered preoperative systemic chemotherapy owing to the presence of metastasis in an axillary lymph node. After 2 courses of chemotherapy with oral S-1 at 100 mg/day for 28 days followed by a 14-day resting period, the primary tumor and metastatic lymph node showed a remarkable reduction in size. The patient subsequently underwent a radical operation and is currently healthy without any recurrence.

要旨
 症例は64歳,女性。10年前より自覚していた右乳頭の肉芽様腫瘤が急速に増大し当院を受診した。初診時より右乳頭に4 cm大の腫瘍を認め,生検で扁平上皮癌と診断された。右腋窩にリンパ節転移を認めたため,術前全身療法の適応と判断しS-1単剤療法(4週間投与2週間休薬)による全身化学療法を2コース行ったところ,腫瘍および転移リンパ節は著明に縮小した。その後,根治手術を行い得て術後経過は良好である。乳房に発症する扁平上皮癌は比較的まれで,乳頭皮膚より発生する扁平上皮癌に関しては非常にまれであり,化学療法の効果について定まった見解は存在しない。今回われわれは,S-1単剤投与で著効のみられた乳頭皮膚原発扁平上皮癌を経験したため文献的考察を加えて報告する。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 41巻7号 2014年7月号トップへ

【症例】

▶S-1単剤療法が著効した乳頭皮膚原発扁平上皮癌の1例…村上聡一郎ほか

このページの先頭へ