現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


いま、注目を集める乳房MRIへの技術アプローチ

電子書籍販売価格(税込):
550

商品コード:
11210_13
著者:
千葉寿恵
出版社:
メディカルアイ 出版社HP
発行:
2014年
ページ数:
2ペ-ジ
ファイル容量:
3.81MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

はじめに
 日本人女性の15人に1人がかかる乳癌1)。乳癌の画像診断においては、マンモグラフィや超音波、MRI、CT、PETなど各々の有用性が報告されているが、乳癌診療ガイドライン2013年度版では、「広がり診断」、「多発乳癌の検出」および「乳房内病変の診療方針決定」におけるMRIの有用性が推奨グレードB(科学的根拠があり実施するよう推奨する)と2)、乳房MRIの有用性がより明確に示されている。
 さらに近年、遺伝性乳癌になりやすいハイリスク女性(がん抑制遺伝子BRCA1あるいはBRCA2に遺伝子変異をもつ女性)に対するスクリーニングとして、感度が高いMRIが推奨されている2)。また30歳未満のハイリスク女性に電離放射線を使う診断検査を行うと、乳癌罹患リスクが有意に上昇するという報告があり、被ばくのないMRIに期待が高まっている3)。その他、乳房切除した患者さんが乳房再建するシリコンインプラント術が保険適用となった。このシリコンインプラントのスクリーニング検査としてMRIの役割が増している。
 本稿では、このように大きな注目を集める乳房MRIに対する東芝の技術アプローチの成果を紹介する。

目次

Rad Fan TOPへ
Rad Fan 7月臨時増刊号 第12巻第8号トップへ

【MRI】

Technical Report

▶いま、注目を集める乳房MRIへの技術アプローチ

千葉寿恵(東芝メディカルシステムズ)

このページの先頭へ