現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


放射状瘢痕Radial scar

電子書籍販売価格(税込):
550

商品コード:
11213_13
著者:
市原 周
出版社:
メディカルアイ 出版社HP
発行:
2014年
ページ数:
4ペ-ジ
ファイル容量:
5.43MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

 マンモグラフィ検診により早期癌のみならず乳癌と紛らわしい良性病変が発見される機会が増えている。放射状瘢痕Radial scarは、そのような良性病変の代表格である。放射状瘢痕の過剰診断を避けるため、その病理像のスペクトラムについて習熟することが重要である。というのは、放射状瘢痕は瘢痕化による単純な小葉、乳管の変形だけではなく、他の良性乳腺病変同様、腺症、乳管内増殖性病変、乳頭腫などのさまざまな上皮増殖を示しうるからである。放射状瘢痕を正しく診断し、将来の乳癌リスクを評価するためには、浸潤癌と腺症との区別や、乳腺の上皮増殖のさまざまなパターンに関する知識が必要である。

Introduction of mammographic screening has led to the discovery of not only small breast cancers but also benign lesions to be differentiated from malignancies. Radial scar is a representative of such mimickers of breast cancers in the mammographic era. To avoid overtreatment of radial scar, it is crucial to know its histopathological spectrum. The morphological hallmark of radial scar is a central fibroelastosis surrounded by radiating benign epithelial elements. As with other benign epithelial lesions of the breast, various proliferative lesions, such as adenosis, papilloma and intraductal proliferative lesions may develop in the epithelial structures of a radial scar. The epithelial proliferation of the breast is basically classified into two patterns, that is, outward (to the lumen) and inward (to the stroma). The former is further divided into papillary and non-papillary (intraductal proliferative lesion). Recognition of these principal patterns is important because the type of intraductal proliferation appears to be value in making differential diagnosis and predicting the general risk for development of breast carcinoma.

目次

Rad Fan TOPへ
Rad Fan 7月臨時増刊号 第12巻第8号トップへ

【インターベンション・病理診断】

Clinical Report

▶放射状瘢痕Radial scar

市原 周(名古屋医療センター)

このページの先頭へ