現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


進行卵巣がんにおける維持療法―分子標的薬の立場より―

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
11224_13
著者:
竹内 聡、杉山 徹
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2014年
ページ数:
7ペ-ジ
ファイル容量:
1.20MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Maintenance Therapy in Patients with Advanced Epithelial Ovarian Cancer―Impact of Anti-Angiogenic Molecular Targeted Agents in Progress

Summary
 However, in patients with epithelial ovarian cancer, the standard chemotherapy of paclitaxel/carboplatin (TC) therapy is very effective as the overall survival (OS) reached 70-80% in early stage (stage Ⅰ/Ⅱ) patients, in advanced stage patients like stage Ⅲ/Ⅳ the recurrence rate exceeds 80% and the 5-year-OS remains 55% at most. Longer survival remains so worse as well that the 10-year-OS fails to 5-7%. In order to push up the rate of longer survival, the strategies have been considered from the some points of view such as additional new anti-cancer agents, changing of drug delivery system (DDS) (i.e. intraperitoneal administration), additional radiotherapy or radioactive agents (in USA), the combination of molecular agents and specific classification in treatment using‘Bio-markers (so-called tailor-made medicine)’. Here we reviewed the up-coming treatments in maintenance fashion using anti-angiogenic agents or supposing effective and curable treatment by PARP inhibitors in the cohorts of epithelial ovarian cancers with BRCAness.

要旨
 上皮性卵巣がんでは,初回手術後のadjuvant chemotherapyとしての標準化学療法はタキサン系+プラチナ系薬物の2剤併用療法(TC療法)であるが,stage Ⅰ,Ⅱの早期がんは初回化学療法のみでのOSは70~80%と高いが,stage Ⅲ,Ⅳの進行がんでは完全寛解をしても再発率が80%以上と高く,5年生存率55%,10年生存率が5~7%にとどまる。その治療戦略として,抗がん薬の追加併用,抗がん薬のdrug delivery system(DDS)の変更,放射線や放射性物質の投与(米国),分子標的薬との併用,バイオマーカーの探索による治療薬の選定(テーラーメイド医療)などが考えられるが,本稿では血管新生阻害薬などを主とした分子標的薬などでの維持療法の現状と展望について解説する。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 41巻8号 2014年8月号トップへ

【特集】固形がん薬物療法における維持療法の最新の知見

▶進行卵巣がんにおける維持療法―分子標的薬の立場より―…竹 内  聡ほか

このページの先頭へ