現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


Efficacy of High-Dose Toremifene Therapy in Postmenopausal Patients with Metastatic Breast Cancer...

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
11230_13
著者:
Kazuo Ishizuna ほか
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2014年
ページ数:
6ペ-ジ
ファイル容量:
0.95MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Efficacy of High-Dose Toremifene Therapy in Postmenopausal Patients with Metastatic Breast Cancer Resistant to Aromatase Inhibitors: A Retrospective, Single-Institution Study

Kazuo Ishizuna, Jun Ninomiya, Toshihisa Ogawa, Eiichi Tsuji, Makoto Kojima,Miho Kawashima, Miwako Nozaki, Hidetsugu Yamagishi, Yoshihiko Ueda and Masatoshi Oya

Summary
 Background: Aromatase inhibitors(AI)have established efficacy as first-line therapy in postmenopausal patients with hormone-sensitive metastatic breast cancer(MBC). However, the use of endocrine therapy has not yet been established for second-line and later therapy. Our study examined the efficacy of high-dose toremifene therapy(HD-TOR)in patients with MBC resistant to AIs. Patients and methods: A retrospective analysis was carried out to determine outcomes in 85 postmenopausal patients with MBC resistant to AIs who began HD-TOR between May 2001 and October 2011. The patients received toremifene 120 mg once daily on consecutive days. Results: The objective response rate(ORR)was 21.2%, the clinical benefit rate(CBR)was 41.2%, and the median time to treatment failure(TTF)was 7.3 months. The CBR was high in patients with ER-positive status(p=0.045), no visceral metastasis(p=0.037), HD-TOR as first- or second-line therapy(p=0.007), no history of tamoxifen(TAM)therapy(p=0.019), and no history of chemotherapy(p=0.017). Multivariate analysis showed that ER-positive status(p=0.005, odds ratio: 0.064)and no visceral metastasis(p=0.034, odds ratio: 0.323)were independent predictors of efficacy. The TTF was significantly longer in patients with ER-positive status(p=0.019)and no history of TAM therapy(p=0.015). Multivariate analysis showed that ER-positive status(p=0.025, hazard ratio: 0.377)and no history of TAM therapy(p=0.002, hazard ratio: 0.422)were independent predictors of efficacy. No patient discontinued HD-TOR therapy due to adverse events. Conclusion: HD-TOR is an effective endocrine therapy for patients with MBC who have failed AIs.

要旨
 背景: 閉経後進行・再発乳癌のうちホルモン感受性乳癌においては一次治療におけるアロマターゼ阻害薬の有効性が確立しているが,二次治療以降における内分泌療法薬の使用方法は定まっていない。今回われわれは,アロマターゼ阻害薬耐性後の閉経後進行・再発乳癌に対する高用量toremifene療法(HD-TOR)の臨床効果を検討した。患者・背景: 2001年5月~2011年10月までにHD-TORを導入した進行・再発乳癌85例をレトロスペクティブに検討した。TORは1日1回120 mgを連日内服させた。結果: 効率21.2%,clinical benefit(CBR)41.2%,time to treatment failure(TTF)中央値は7.3か月であった。臨床病理学的因子との関連においては,ER陽性(p=0.045),内臓転移なし(p=0.037),二次治療までの使用(p=0.007),tamoxifen(TAM)治療歴なし(p=0.019)および化学療法施行歴なし(p=0.017)で有意にCBRが高く,多変量解析ではER陽性(p=0.005,オッズ比0.064),内臓転移なし(p=0.034,オッズ比0.323)が独立した効果予測因子であった。また,TTFにおいてはER陽性(p=0.019),TAM治療歴なし(p=0.015)で有意差を認め,多変量解析の結果ER陽性(p=0.025,ハザード比0.377),TAM治療歴なし(p=0.002,ハザード比0.422)であり,ともに独立した効果予測因子であった。有害事象によりHD-TORを中止した症例はなかった。結語: HD-TORは閉経後進行・再発乳癌におけるアロマターゼ阻害薬耐性後の内分泌療法として有効である。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 41巻8号 2014年8月号トップへ

【原著】

▶Efficacy of High-Dose Toremifene Therapy in Postmenopausal Patients with Metastatic Breast Cancer Resistant to Aromatase Inhibitors: A Retrospective, Single-Institution Study…石綱 一央ほか

このページの先頭へ