現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


非小細胞肺癌切除例の再発パターンの検討

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
11231_13
著者:
上林 孝豊、鳥取 洋昭、長谷川 功、中務 博信、津島 久孝、野崎 明
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2014年
ページ数:
4ペ-ジ
ファイル容量:
1.16MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Examination of a Relapsing Pattern of Cases of Completely Resected Non-Small Cell Lung Cancer

Summary
 Purpose: The purpose of this research was to understand the clinical discovery of a relapse, relapse time, and the presentation of the first relapse of non-small cell lung cancer(NSCLC)by examining cases of relapse after complete resection of NSCLC. Objective and method. Cases of relapse after complete resection of NSCLC in our hospital were examined. Results: Fifteen cases were evaluated. In half of these cases, relapse was discovered owing to increased tumor marker values. Of the patients, 60% had a relapse within 2 years after resection and 20% had a relapse 5 years after resection. The first relapse was a local recurrence in 9 cases, lung metastasis in 5 cases, and distant metastasis outside the thoracic cavity in 3 cases. Conclusion: The effectiveness of the tumor marker as a diagnostic parameter of relapse in NSCLC was demonstrated. Discovering distant metastases at the early postoperative period and relapse 5 years after resection are important.

要旨
 目的: 非小細胞肺癌の術後再発症例を検討し,再発の発見動機,発見時期や再発様式などの再発パターンを把握すること。方法: 当院での非小細胞肺癌の完全切除後の再発症例を対象とし,調査した。結果: 対象症例は15例であった。再発発見動機に関しては,腫瘍マーカーの上昇がきっかけであったものが約半数を占めた。再発時期に関しては,60%が2年以内の再発であった。一方,20%の症例は5年以降に再発していた。初発の再発様式は,局所再発9例,肺転移再発5例,胸腔外への遠隔転移が3例であった。結論: 腫瘍マーカーが再発の診断補助として有効である可能性と,経過観察に際しては術後早期の遠隔転移と5年目以降の再発に対して留意することの重要性が示唆された。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 41巻8号 2014年8月号トップへ

【原著】

▶非小細胞肺癌切除例の再発パターンの検討…上林 孝豊ほか

このページの先頭へ