現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


Rituximab初回投与時におけるInfusion Reaction発現に影響を与える因子の解明

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
11232_13
著者:
安田 昌宏 ほか
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2014年
ページ数:
5ペ-ジ
ファイル容量:
1.06MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Analysis of Factors Influencing the Occurrence of Infusion Reaction after Initial Treatment with Rituximab

Summary
 We investigated factors influencing the occurrence of infusion reactions after initial treatment with rituximab. We included patients who were administered rituximab for the treatment of B-cell non-Hodgkin's lymphoma at the Gifu Municipal Hospital Hematology from February 2010 to March 2013. Fifty-one patients were included; their median age was 72(44-87)years, and 31 were men and 20 were women. We defined the index of infusion reaction as the maximal change in body temperature within 24 hours from the administration of rituximab and evaluated the correlation with change in body temperature and each factor, and differences of change in body temperature between the upper and lower groups divided by standard value of each factor by using the t test without correspondence. The“2,000 U/mL or less group”of soluble interleukin-2 receptor(sIL-2R)levels and the“over 2,000 U/mL group”showed significant different(p=0.014). The“double value or less group”of a standard value(211 IU/L)and“over double value group”showed significantly different lactate dehydrogenase(LDH)levels(p=0.017). The“lower limit or less group”of the standard value(men: 13 g/dL, women: 12 g/dL)and the“over lower limit group”showed significantly different hemoglobin(Hb)levels(p=0.020). In conclusion, the levels of sIL-2R, LDH, and Hb may predict the occurrence of infusion reaction after the initial administration of rituximab in patients with B-cell non-Hodgkin's lymphoma.

要旨
 2010年2月~2013年3月の期間に岐阜市民病院血液内科でB細胞性非ホジキンリンパ腫に対し,新規にrituximabが投与された患者を対象として,rituximab初回投与時のinfusion reaction発現に影響を与える因子に関する検討を行った。対象患者51症例における年齢の中央値は72(44~87)歳,性別は男性31名,女性20名であった。infusion reaction発現を,治療後24時間以内の最高体温と治療前平均体温との差(Δ体温)を指標として,Δ体温と各因子との相関ならびに因子を2群に分けた場合の2群間の差を対応のないt検定により評価した。可溶性IL-2レセプター(sIL-2R)の「2,000 U/mL以下群」と「2,000 U/mL超群」の2群間では有意な差を認めた(p=0.014)。乳酸脱水素酵素(LDH)は,基準値(211 IU/L)の「2倍値以下群」と「2倍値超群」の2群間では有意な差を認めた(p=0.017)。ヘモグロビン(Hb)は,基準値(男性: 13 g/dL,女性: 12 g/dL)の「下限以下群」と「下限超群」の2群間では有意な差を認めた(p=0.020)。結論としてsIL-2R,LDH,Hbの値は,B細胞性非ホジキンリンパ腫に対するrituximab初回投与時のinfusion reaction発症の予測因子になり得ることが示唆された。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 41巻8号 2014年8月号トップへ

【原著】

▶Rituximab初回投与時におけるInfusion Reaction発現に影響を与える因子の解明…安田 昌宏ほか

このページの先頭へ