現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


がん患者の痛みが健康関連Quality of Lifeに及ぼす影響に関する検討

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
11234_13
著者:
横山 智央、高橋美賀子、木戸 毅、原 俊昭
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2014年
ページ数:
7ペ-ジ
ファイル容量:
1.40MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Relation Between Pain and Health-Related Quality of Life in Cancer Patients

Summary
 Purpose: This study aimed to investigate the relation between pain and health-related quality of life(HRQOL)in cancer patients. Methods: An internet-based HRQOL survey of 618 patients with different malignancies using the EORTC QLQ-C30 and BPI-SF was performed. Three study groups were formed based on the pain in the previous month: group A comprised patients without pain; group B comprised patients with mild pain; and group C comprised patients with moderate to severe pain. Results: Compared with both groups A and B, group C had significantly low global HRQOL and functioning, which resulted in fatigue, dyspnea, disturbed sleep, and financial difficulties. In addition, the patients in group C were significantly dissatisfied with their cancer medical service compared with the patients in both groups A and B. Conclusion: Pain is an important health issue that not only negatively affects the HRQOL but also results in fatigue, dyspnea, disturbed sleep, and financial difficulties in cancer patients. These symptoms may be important key words for HRQOL analysis in clinician-patient interviews.

要旨
 目的: がん患者の痛みが日常生活のどのような状態に影響を及ぼしているかを明らかにし,HRQOL向上を目的としたインターネット調査を行った。対象・方法: がん患者618名を対象に,痛みの程度によって,痛みがない(NRS 0)をA群,痛みがNRS 1-3をB群,痛みがNRS≧4をC群と分類した。HRQOLおよび痛みの評価にはQLQ-C30およびBPI-SFを用いて,調査開始1週間および24時間における痛みと日常生活の影響について検討を行った。結果: A群/B群と比べC群では有意に全般的QOLおよび機能スケールの低下を認め,倦怠感,呼吸困難,睡眠障害,経済的困難などの症状スケールにも影響を及ぼしていることが示唆された。1か月以内に痛みのあった群との比較では,24時間以内に痛みのあった群で有意に全般的QOL,機能・症状スケールが低下することが示唆された。さらには,痛みを有する患者ではがん医療に対するサービスの満足度が有意に低いことが明らかとなった。結語: がん患者に対する問診では,痛みの強度および時期に注目し,さらに倦怠感,睡眠障害,呼吸困難,気分・情緒にも注意して診療に当たる必要があると思われた。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 41巻8号 2014年8月号トップへ

【調査研究】

▶がん患者の痛みが健康関連Quality of Lifeに及ぼす影響に関する検討…横山 智央ほか

このページの先頭へ