現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


術前化学療法施行中にCDDPが原因と考えられるSIADHを発症した食道癌の1例

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
11236_13
著者:
澤野 武行、川﨑 仁司、和嶋 直紀、宮本 慶一、石澤 義也、中井 款、袴田 健一
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2014年
ページ数:
5ペ-ジ
ファイル容量:
1.13MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

A Case of Syndrome of Inappropriate Antidiuretic Hormone Secretion in a Patient with Esophageal Carcinoma Possibly Induced by Cisplatin in Neoadjuvant Chemotherapy

Summary
 A 60-year-old man complained of dysphagia and was admitted to our hospital for adjuvant chemotherapy under a diagnosis of esophageal carcinoma(squamous cell carcinoma[SCC], StageⅡ). He was treated with cisplatin(CDDP)and 5-fluorouracil(5-FU). On the fifth day after administration, he experienced mild disorientation, and early morning on the sixth day, he showed impaired consciousness. Laboratory studies revealed a serum sodium level of 111 mEq/L and a serum chloride level of 73 mEq/L. The findings of computed tomography and magnetic resonance imaging of the head were unremarkable. Other laboratory studies revealed a plasma vasopressin level of 19.2 pg/mL, a plasma osmolality of 219 mOsm/kg, a serum creatinine level of 0.61 mg/dL, a serum cortisol level of 27.1 μg/dL, a urine osmolality of 665 mOsm/kg, and a urine sodium level of 157.1 mEq/L. There were no signs of dehydration, and so the patient was diagnosed with syndrome of inappropriate antidiuretic hormone secretion(SIADH). We discontinued chemotherapy and initiated fluid restriction and sodium supplementation. After this treatment, the patient's consciousness progressively improved. On the fifth day of treatment, laboratory studies revealed a serum sodium level of 138 mEq/L and a serum chloride level of 98 mEq/L, indicating recovery from hyponatremia.

要旨
 症例は60歳台,男性。嚥下時つかえ感を主訴に受診し,食道癌(SCC,StageⅡ)の診断にて術前化学療法目的に入院した。入院後,CDDP,5-FUにて加療した。加療開始後5日目に軽度の見当識障害を認め,6日目早朝に意識障害を認めた。採血にて血清Na 111 mEq/L,血清Cl 73 mEq/Lと著明な低下を認めた。同時に施行した頭部CT,MRIでは異常所見は認められなかった。他に血漿バゾプレシン19.2 pg/mL,血漿浸透圧219 mOsm/kg,尿浸透圧665 mOsm/kg,尿中Na 157.1 mEq/L,血清Cr 0.61 mg/dL,血清コルチゾール27.1 μg/dLであり,かつ脱水の所見を認めずSIADHの診断基準を満たしていた。化学療法を中止し,水分制限と塩分補給にて加療した。加療後,徐々に意識障害は改善し,5日目には血清Na 138 mEq/L,血清Cl 98 mEq/Lと低Na血症の改善が認められた。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 41巻8号 2014年8月号トップへ

【症例】

▶術前化学療法施行中にCDDPが原因と考えられるSIADHを発症した食道癌の1例…澤野 武行ほか

このページの先頭へ