現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


多発肝転移を伴う進行胃癌に術前TS-1/CDDPを投与し死亡まで7年CRであった1剖検例

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
11238_13
著者:
三谷真衣子、宮本幹、津田洋、西脇洸一、香川勇、松本由朗、岸宗佑、横平政直、今井田克己、竿尾光祐
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2014年
ページ数:
4ペ-ジ
ファイル容量:
1.45MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

A Case of Gastric Cancer with N2 Lymph Node Metastasis and Pancreatic Invasion Effectively Treated with Docetaxel/S-1 as a Neoadjuvant Chemotherapy

Summary
 A 74-year-old man was diagnosed with advanced gastric cancer(cStageⅢB). Laparotomy showed N2 lymph node metastasis and pancreatic invasion. Radical resection appeared impossible and was thus not performed. Chemotherapy consisting of a combination of S-1(80 mg/m2, 2-week administration and 1-week rest), and docetaxel(40 mg/m2/day 1)was administered with the expectation of tumor downstaging. A partial response(PR)was obtained after five courses of this regimen in which the primary lesion and lymph node swelling remarkably improved. Total gastrectomy, splenectomy, partial colectomy, and D2 lymph node dissection were then performed. Pathological analysis revealed very few cancer cells in the primary lesion and that the lymph nodes had become scarred and fibrotic. The histological appearance was judged to be grade 2 and the final diagnosis was T1N0H0P0CY0M0, fStageⅠA, curability A. Currently, more than 6 years and 4 months after the operation, the patient is alive without any evidence of recurrence. Thus, docetaxel/S-1 combination therapy was an effective neoadjuvant chemotherapy for this case of advanced gastric cancer.

要旨
 症例は74歳,男性。cT3N2M0,cStageⅢBの術前診断で初回手術を施行したが,開腹所見で2群リンパ節腫脹,膵浸潤著明にてsStageⅣと判定し,単開腹にとどめた。術後down staging目的に,外来でdocetaxel(DOC)/S-1併用療法を5コース施行した。投与方法は,DOC 40 mg/m2/day 1,S-1 80 mg/m2/day 1~14を1コースとして3週間ごとに繰り返す投与法を採用した。5コース終了後の効果判定で部分奏効(PR)と判定し,治癒切除可能と判断した。第2回目手術において胃全摘出術,横行結腸,脾臓合併切除を施行した。組織学的効果判定はGrade 2,壁深達度はT1(SM),総合的進行度fStageⅠA,総合的根治度Aであった。術後補助化学療法は行わず,術後6年4か月経過した現在,無再発にて経過中である。DOC/S-1併用療法は,治癒切除が困難な進行胃癌の術前化学療法として有用と考える。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 41巻8号 2014年8月号トップへ

【症例】

▶多発肝転移を伴う進行胃癌に術前TS-1/CDDPを投与し死亡まで7年CRであった1剖検例…三谷真衣子ほか

このページの先頭へ