現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


化学放射線治療が奏効し6年生存中の膀胱瘻合併進行直腸癌非切除症例

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
11240_13
著者:
鈴木 大聡 ほか
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2014年
ページ数:
4ペ-ジ
ファイル容量:
1.23MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

A Case of a Patient with Advanced Rectal Cancer and Urinary Bladder Fistula Surviving for 6 Years after Chemoradiotherapy without Surgery

Summary
 A 60-year-old man with advanced rectal cancer and urinary bladder fistula received preoperative chemoradiotherapy with S-1(120 mg/m2/day)on weekdays and concurrent radiotherapy(65 Gy). After chemoradiotherapy, the clinical symptoms resolved and the tumor shrunk, as observed on endoscopic and radiologic examinations. However, remnant cancer was suspected; therefore, modified oxaliplatin, 5-fluorouracil, and Leucovorin(mFOLFOX6)therapy was initiated, although it was stopped after 3 cycles because of numbness in the lower extremities. Finally, clinical and pathological complete response(CR)was achieved by administering additional doses of S-1 for approximately 1 year after treatment initiation; CR was confirmed by using endoscopy and computed tomography(CT), and there has been no recurrence for 6 years. This case suggests that treatment without surgery is a viable alternative for advanced rectal cancer with pathological CR after chemoradiotherapy.

要旨
 症例は膀胱瘻を伴う進行直腸癌の60歳,男性。化学放射線治療を希望されたためS-1(120 mg/body,月~金投与,土日休薬)と放射線治療65 Gyを行い腫瘍は縮小,膀胱瘻は消失し組織診では癌を認めなかった。MRIでは大腸壁肥厚を認め腫瘍残存が懸念されたため追加治療としてmFOLFOX6を行ったが,下肢のしびれが強く3サイクルで中止し,S-1の再投与となった。その後,CT,MRIでもCRとなり,治療から6年経過後の現在まで再発を認めない。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 41巻8号 2014年8月号トップへ

【症例】

▶化学放射線治療が奏効し6年生存中の膀胱瘻合併進行直腸癌非切除症例…木村 正美ほか

このページの先頭へ