現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


左胸壁から発生した巨大脂肪肉腫の1切除例

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
11244_13
著者:
峠 弘治、小山 諭、辰田久美子、長谷川美樹、坂田 英子、小林 隆、皆川 昌広、小杉 伸一、若井 俊文
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2014年
ページ数:
4ペ-ジ
ファイル容量:
1.11MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

A Case of a Large Liposarcoma of the Chest

Summary
 A 49-year-old woman with a growing tumor of the left anterior chest wall was admitted to our hospital. This patient was diagnosed with a malignant well-differentiated tumor by needle biopsy and underwent surgery involving wide resection of the tumor, associated excision of the major pectoralis muscle, and part of the mammary tissue and skin. The tumor measured 14.2×17.8 cm and weighed 1,220 g. Histopathologically, the tumor was confirmed to be a dedifferentiated liposarcoma, and local recurrence and metastasis often occurs in spite of complete surgical resection. However, no local recurrence or metastasis has been detected 2 months post-surgery. The main anatomic sites of liposarcomas are the retroperitoneum and lower extremities; only 19 liposarcoma cases of the anterior chest wall have been reported in Japan.

要旨
 患者は49歳,女性。2013年初頭より左乳房腫大を自覚し,検診マンモグラフィで左乳房に異常を指摘され,精査し術前診断で分化型・粘液型脂肪肉腫とされた。手術は周囲健常組織(大胸筋の一部,乳腺の一部)を含めた広範囲切除を行った。腫瘍径14.2×17.8 cm,重量1,220 gであり,病理所見で脱分化型脂肪肉腫の診断であった。脱分化型では局所再発および血行転移が多いとされている。自験例は完全切除後2か月間の再発徴候なく経過し,今後も慎重な経過観察を要する。脂肪肉腫の大部分は後腹膜,四肢に発生し,前胸壁に発生したものは本邦で19例のみである。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 41巻8号 2014年8月号トップへ

【症例】

▶左胸壁から発生した巨大脂肪肉腫の1切除例…峠  弘 治ほか

このページの先頭へ