現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


認知症患者のがん診療

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
11251_13
著者:
小川 朝生
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2014年
ページ数:
6ペ-ジ
ファイル容量:
1.13MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Cancer Treatment for Patients with Dementia

Summary
 Cancer is a disease associated with aging. In Japan, the rate of aging is estimated to be over 25%. Further, the prevalence of dementia also increases with age, and cancer patients with dementia are becoming more common. Dementia is a progressive condition characterized by impairment in memory and at least one other cognitive domain(language, praxis, gnosis, or executive function), as well as a compromised ability to perform daily functions. Impairment of short-term memory and executive function in particular are associated with an increased risk for functional decline and mortality. Assessment of cognitive function is necessary to ensure that cancer patients can provide informed consent and understand the risks, benefits, and alternatives of therapeutic treatment. The health care team needs to ascertain whether patients have the mental capacity for cancer treatment, will comply with the treatment schedule, and will understand when to seek help. Elderly cancer patients undergoing treatment need to be assessed for vulnerability with the comprehensive geriatric assessment(CGA).

要旨
 超高齢化社会を迎えるとともに高齢がん患者が増加している。高齢がん患者の増加とともに,認知症を合併したがん患者を治療する機会も増えてきた。認知症を合併した場合,がん治療を遂行する上で意思決定能力の有無の確認やアドヒアランスの確保,緊急時の判断が困難になる問題があり,その背景には認知症に伴う短期記憶障害と遂行機能障害が関与する。認知症のがん患者の治療を考える上で,遂行機能障害の有無,社会的支援の有無を評価することは重要であり,高齢者総合的機能評価(CGA)の実施など包括的なアセスメントの確立・普及が望まれる。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 41巻9号 2014年9月号トップへ

【総説】

▶認知症患者のがん診療…小川 朝生

このページの先頭へ