現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


制御性T細胞によるがん抗原特異的T細胞の抑制

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
11252_13
著者:
島津 裕、西川 博嘉
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2014年
ページ数:
5ペ-ジ
ファイル容量:
0.99MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Suppression of Tumor Antigen-Specific T Cell Immune Responses by Regulatory T Cells

Summary
 CD4+CD25+FOXP3+ regulatory T cells(Tregs)play important roles in maintaining self-tolerance in vivo by suppressing self-antigen-reactive T cells. In the tumor microenvironment, tumor cells produce several chemokines and attract Tregs, resulting in suppression of tumor antigen-specific cytotoxic CD8+ T cell activation. Controlling the suppressive function of Tregs to recover anti-tumor immune responses in the tumor microenvironment is critical to improve the efficiency of cancer immunotherapy. Many immune-checkpoint blockade reagents, including antibodies against cytotoxic T-lymphocyte antigen 4(CTLA-4), programmed cell death(PD)-1, and PD-L1, have been tested in the clinic and elicit clinical responses in several types of cancers. Importantly, clinical responses in melanoma patients treated with an anti-CTLA-4 antibody were associated with a reduced number of Tregs in the tumor microenvironment. Therefore, in addition to activating or expanding antigen-specific cytotoxic T cells, modulating the number and/or function of Tregs in the tumor microenvironment is the next important challenge in the field of cancer immunotherapy.

要旨
 CD4+CD25+FOXP3+ 制御性T細胞(Treg)は自己反応性のT細胞を抑制することで,生体内に自己寛容を形成し免疫調整に重要な役割を果たしている。一方,腫瘍微小環境では多くの腫瘍で腫瘍細胞がケモカインなどを産生し,Tregを引き寄せることで免疫抑制環境を形成し,抗腫瘍活性を有するエフェクターT細胞の活性化や増殖を抑制し,自らを宿主の攻撃から守っている。よって効果的ながん治療を行うためには,腫瘍微小環境の免疫抑制を是正するため効果的にTregの免疫抑制機能をコントロールし,抗腫瘍免疫応答を回復することが肝要である。現在,Tregを含む免疫修飾作用をもった薬剤(抗CTLA-4抗体,抗PD-1/PD-L1抗体,抗CCR4抗体など)の臨床試験が複数進行中である。そのなかでも免疫チェックポイント阻害剤である抗CTLA-4抗体は,腫瘍局所に存在するTregを減少させることで抗腫瘍効果を示すことが報告されている。従来の抗腫瘍効果をもったエフェクターT細胞を活性化,増殖させる治療に加えて,腫瘍微小環境の免疫抑制で重要な役割を果たしているTregを除去する,あるいはTregの抑制能を弱める治療を併用していくことが,今後のがん免疫治療を成功に導く上での重要な要素である。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 41巻9号 2014年9月号トップへ

【特集】がん免疫抑制・免疫疲弊と新規治療

▶制御性T細胞によるがん抗原特異的T細胞の抑制…島 津  裕ほか

このページの先頭へ