現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


免疫チェックポイントPD-1/PD-L1経路を標的とする新しいがん治療

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
11255_13
著者:
濵西 潤三、小西 郁生
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2014年
ページ数:
6ペ-ジ
ファイル容量:
1.12MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Targeting the PD-1/PD-L1 Immune Checkpoint Signal―A New Treatment Strategy for Cancer

Summary
 Recent studies have revealed that tumor cells can acquire several mechanisms to evade host immunity in the tumor microenvironment, called cancer immune escape. One of the most important mechanisms in this system is an immunosuppressive co-signal, called immune checkpoint, in the programmed cell death-1(PD-1)/programmed death-ligand 1(PD-L1)pathway. PD-1 is mainly expressed on activated T cells, while PD-L1 is frequently expressed on tumor cells. Inhibition of the interaction between PD-1 and PD-L1 enhances T-cell response and mediates antitumor activity. Several clinical trials by several institutions and pharmaceutical companies in the world have shown the antitumor efficacy of PD-1/PD-L1 signal blockade in patients with some solid and hematological malignancies. Production of some drugs for use in anti-PD-1 therapies are on the verge of completion. Herein, we provide a background about the PD-1/PD-L1 signal and describe some previously performed foreign clinical trials, including a trial in our department.

要旨
 近年のがん免疫学研究の発展により,がん微小環境における「がん免疫逃避機構」の存在が明らかとなり,さらにその中心的経路の一つとして,T細胞性免疫の機能抑制にかかわる免疫抑制性副シグナル(免疫チェックポイントとも呼ばれている)PD-1/PD-L1経路とその阻害薬が注目されている。現在,このPD-1/PD-L1経路の阻害薬は,複数の製薬会社や研究施設によって世界中で多くの固形がんや血液腫瘍を対象に臨床試験が行われており,メラノーマに対しては薬事承認された薬剤もでてきている。そこで本稿では,PD-1/PD-L1経路の基礎的背景と当科での治験ならびに国内外での治験の動向について概説する。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 41巻9号 2014年9月号トップへ

【特集】がん免疫抑制・免疫疲弊と新規治療

▶免疫チェックポイントPD-1/PD-L1経路を標的とする新しいがん治療…濵西 潤三ほか

このページの先頭へ