現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


頭頸部がん患者に対する放射線併用シスプラチン分割レジメンにおける予防的制吐薬アプレピタントに関する考察

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
11262_13
著者:
吉田幹宜、鈴木真也、榎田智弘、石木寛人、市田泰彦、齊藤真一郎、遠藤一司、和泉啓司郎、田原信
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2014年
ページ数:
4ペ-ジ
ファイル容量:
1.10MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Evaluation of Aprepitant as a Prophylactic Antiemetic in the Cisplatin Split Regimen Combined with Radiation for Patients with Head and Neck Cancer

Summary
 The cisplatin split regimen has not been sufficiently well investigated to validate the use of aprepitant as a prophylactic antiemetic. This study aimed to retrospectively evaluate the efficacy of repeated administrations of 3-day courses of aprepitant according to the cisplatin split regimen(20 mg/m2/day, days 1-4, 22-25, 43-46)in combination with radiation. We compared the worst Grade of nausea between 23 patients with head and neck cancer who had been administered with aprepitant(group A: between January 2010 and June 2010)and 34-patients who were not administered with aprepitant(group B: between July 2011 and December 2012). In group A, the median age was 60 years(range, 35-73 years), the male/female ratio was 18: 5, and the Eastern Cooperative Oncology Group(ECOG)performance status(PS)was 0 in 20 patients and 1 in 3 patients. In group B, the median age was 62 years(range, 31-71 years), the male/female ratio was 30: 4, and the ECOG PS was 0 in 31 patients and 1 in 3 patients. The worst nausea grade was 0, 1, and 2 in 21, 2, and 0 patients in group A and in 19, 9, and 6 patients in group B, respectively. The proportion of patients who developed nausea was significantly lower in group A than in group B(8% vs 44%, p<0.01). Of 6 patients who experienced Grade 2 nausea, 5 patients were administered with aprepitant during the next course of chemotherapy, and 60% of them had a lower severity of nausea. Thus, aprepitant could be effectively used as a prophylactic antiemetic in the cisplatin split regimen.

要旨
 シスプラチン(CDDP)分割レジメンに対するアプレピタント(aprepitant: APR)の使用に関して十分な検証が行われていない。本研究は放射線療法と併用し,3週間ごとにCDDP 20 mg/m2を4日間連日投与するCDDP分割レジメンにおけるAPRの使用状況と悪心の実態を調査し,APRの必要性について検討した。CDDP分割レジメンを施行した頭頸部がん患者のうち,APRを使用していた2010年1月~2010年6月までの23症例をA群,APRを使用していない2011年7月~2011年12月までの34症例をB群とした。両群で発現した悪心の最大Gradeについて診療録を用いて後方視的に調査した。対象の年齢中央値はA群60(35~73)歳,B群62(31~71)歳,男性/女性はA群(18/5),B群(30/4),PS 0/1はA群(20/3),B群(31/3)であった。発現した悪心の最大Grade(0/1/2)はA群(21/2/0),B群(19/9/6)であった。悪心が発現した頻度はA群8%(2/23),B群44%(15/34)であり,A群で有意に低かった(p<0.01)。Grade 2に至ったB群の6症例のうち5症例にAPRが追加処方され,次コースにて60%(3/5)の症例で悪心が軽減した。CDDP分割レジメンにAPRを使用することで悪心が制御できる傾向が示唆された。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 41巻9号 2014年9月号トップへ

【原著】

▶頭頸部がん患者に対する放射線併用シスプラチン分割レジメンにおける予防的制吐薬アプレピタントに関する考察…吉田 幹宜ほか

このページの先頭へ