現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


切除不能結腸直腸癌の一次治療においてベバシズマブを初回から併用せず,無増悪のままで途中から併用することの臨床的な意義についての検討

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
11264_13
著者:
曽我部 進 ほか
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2014年
ページ数:
5ペ-ジ
ファイル容量:
1.10MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Clinical Impact of Addition of Bevacizumab to the First-Line Chemotherapy Regimen in the Treatment of Patients with Metastatic Colorectal Cancer

Summary
 Background: Combination regimens containing bevacizumab(BV)are regarded as one of the standard first-line chemotherapy(1stCTx)regimens in the treatment of metastatic colorectal cancer(mCRC). However, some patients cannot be treated with BV because of the short interval from the palliative operation or other reasons. We present a study of some patients who were treated with add-on BV in the middle of the 1stCTx before disease progression(referred to as“midway BV”regimen hereafter), and here, we report the efficacy of the midway BV regimen as observed in our patients. Results: We retrospectively analyzed the data of 74 mCRC patients, who were undergoing 1stCTx treatment at our hospital from January 2010 to September 2012. We divided the patients into 3 groups, depending on when BV was introduced in their regimen: 40, 25, and 9 patients were respectively included in the“no-BV”group(patients who were treated without BV in the 1stCTx), BV group(patients treated with BV from the 1st cycle in the 1stCTx), and the midway-BV group(patients who were initially treated without BV and then received add-on BV). The response rates of patients in the no-BV, BV, and midway-BV groups were 27.5%, 44.0%, and 55.6%, respectively. The median progression-free survival(PFS)and median survival time of patients in the no-BV, BV, and midway-BV groups were, respectively, 9.7 months, 9.3 months, and 12.8 months, and 20.3 months, 22.2 months, and N. R. Conclusion: Although few cases were analyzed and there might be many confounding factors, our study suggests that midway BV is potentially useful for patients with metastatic colorectal cancer who are not initially treated with BV in the first cycle of the 1stCTx regimen.

要旨
 根治切除不能・再発結腸直腸癌(mCRC)の一次治療において,様々な理由により初回からのBV併用が不可能な場合,一次治療途中で無増悪のままBVを追加併用することがある。今回われわれはそのような症例をmidway BVと呼称し,その有効性について検討を行った。2010年1月~2012年9月までに当院でmCRCの一次治療を開始した74例を,BV未使用群40例(no BV),初回からのBV併用群25例(BV),無増悪のままBVを途中追加した9例(midway BV)の3群に分類し,後ろ向き検討を行った。奏効率はそれぞれで27.5%,44.0%,55.6%。無増悪生存期間中央値は9.7か月,9.3か月,12.8か月。生存期間中央値は20.3か月,22.2か月,未到達であった。少数例であり交絡因子もあるが,初回からのBV併用が不可能であった場合,midway BVとして治療することが抗腫瘍効果の面で有用である可能性が示唆された。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 41巻9号 2014年9月号トップへ

【原著】

▶切除不能結腸直腸癌の一次治療においてベバシズマブを初回から併用せず,無増悪のままで途中から併用することの臨床的な意義についての検討…曽我部 進ほか

このページの先頭へ