現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


発熱性好中球減少症に対するGarenoxacinとLevofloxacin予防投与の比較検討

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
11265_13
著者:
秦 明登 ほか
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2014年
ページ数:
5ペ-ジ
ファイル容量:
0.98MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Comparison of Garenoxacin and Levofloxacin for the Prophylaxis of Febrile Neutropenia

Summary
 Placebo-controlled randomized trials have demonstrated that prophylactic levofloxacin(LVFX)significantly reduced the incidence of febrile neutropenia(FN)in patients receiving chemotherapy for advanced solid tumors. Garenoxacin(GRNX)has been reported to be more effective than LVFX against gram-positive bacteria especially Streptococcus pneumoniae. Against this background we conducted a study to compare the efficacy and safety of GRNX with that of LVFX for the prophylaxis of FN. We retrospectively analyzed 127 patients at high risk for FN who were administered GRNX or LVFX for the prophylaxis of FN that occurred during chemotherapy for advanced solid tumors. Our primary outcome of interest was the incidence of febrile episodes. Secondary outcomes included evidence of bacterial infection and infection focus when febrile episodes were observed; adverse drug reactions and mortality were also evaluated. Febrile episodes were observed in 2 patients administered GRNX and 7 patients administered LVFX(p=0.044). Definitive pathogenic bacteria and infection focus could not be identified in any patient with febrile episodes and all cases of fever resolved simultaneously with the recovery from neutropenia. We observed 4 cases of rashes and 3 cases of liver dysfunction in the GRNX group and 2 cases of rashes and 2 cases of liver dysfunctions were observed in the LVFX group(not statistically significant in both the groups). No severe adverse effects or deaths were associated with either of these drugs. These results suggest that GRNX is useful for the prophylaxis of FN.

要旨
 levofloxacin(LVFX)が固形癌患者などに対する化学療法実施時の発熱性好中球減少症(febrile neutropenia: FN)の発症を有意に減少させることが,プラセボ対照無作為化比較試験で示されている。garenoxacin(GRNX)は,高頻度で肺炎の起炎菌となり得るグラム陽性菌,特に肺炎球菌に対する抗菌力がLVFXを凌駕することが示唆されている。当施設では,以前よりFN発症の高リスクと判断された患者にLVFXの予防投与を行うことがあったが,GRNX上市以降は同様の患者群に対しGRNXの予防投与を行う症例が増えている。そこで,両薬剤のFNに対する予防投与の効果および副作用を比較検討することにした。2007年8月~2012年4月までに固形癌の化学療法中にFN発症の高リスクと判断され,GRNX(72例)またはLVFX(55例)が予防投与された127例を後ろ向きに解析した。主要評価項目は発熱エピソードの件数で,腋下体温で38.0℃以上を1回記録した場合とした。副次的評価項目は発熱エピソードが認められた時の起炎菌,感染巣および安全性(薬剤投与に関連する死亡副作用)とした。総投与コース数はGRNX群106コース,LVFX群82コースで,発熱エピソードはGRNX群2件,LVFX群が7件であった(p=0.044)。両群すべての発熱症例において明らかな起炎菌および感染巣は同定できず,好中球の回復とともに速やかに解熱した。副作用に関しては,GRNX群で皮疹4例,肝障害が3例に,LVFX群で皮疹2例,肝障害が2例に認められたが,これら副作用の発現頻度に両群で有意差を認めなかった。両薬剤に関連すると考えられる重篤な副作用は認めず,死亡例もなかった。GRNXはLVFXと比較して有意にFNを抑制し,両薬剤に関連すると考えられる重篤な副作用は認められなかったことから,GRNXはFN予防における有用な抗菌薬の一つと考えられる。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 41巻9号 2014年9月号トップへ

【原著】

▶発熱性好中球減少症に対するGarenoxacinとLevofloxacin予防投与の比較検討…秦  明 登ほか

このページの先頭へ