現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


集学的治療によりQOLの改善が得られた腰椎転移併発StageⅣb進行肝細胞癌の1例

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
11270_13
著者:
杉原 雄策 ほか
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2014年
ページ数:
3ペ-ジ
ファイル容量:
1.05MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

A Case of Successful Treatment of Hepatocellular Carcinoma Lumbar Metastasis by Surgery, Chemotherapy, and Radiation

Summary
 The incidence of bone metastasis in patients with hepatocellular carcinoma(HCC)has reportedly been increasing. We report a progressive case that presented with a solitary HCC lumbar metastasis. A 44-year-old man was referred to us from a local clinic with a complaint of a painful lump. He was diagnosed with HCC due to liver cirrhosis and lumbar metastasis by contrast abdominal computerized tomography and magnetic resonance imaging. Then, he received radiation therapy(3 Gy/time; total, 39 Gy)and zoledronate. Furthermore, transcatheter arterial embolization and posterior lumbar spinal fusion were performed to treat the lumbar metastasis. This decreased his pain and oxycodone was no longer required. In conclusion, for HCC patients with bone metastasis, combined treatment with radiation, zoledronate, and surgery, may possibly improve their quality of life resulting in a long clinical course.

要旨
 肝細胞癌の治療の進歩に伴い長期の予後も期待できることになってきた一方で,骨転移症例は近年増加傾向にある。肝細胞癌の骨転移を来し著明な疼痛を来した症例に対して集学的な治療を行ったことにより,良好なQOLを得られた症例を経験したので報告する。症例は44歳,男性。腰痛を主訴に当院紹介受診となった。当院受診後,画像検査を施行し,肝細胞癌および腰椎転移と診断した。腰椎転移巣に対してzoledronate点滴静脈投与,放射線外照射,肝動脈塞栓療法(transcatheter arterial embolization: TAE),腰椎固定術を施行した。施行後は著明な疼痛は消失し,内服していたoxycodoneを中止することが可能となった。肝細胞癌の骨転移の患者に対しては,良好なQOLを維持するためにも集学的治療は有効である。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 41巻9号 2014年9月号トップへ

【症例】

▶集学的治療によりQOLの改善が得られた腰椎転移併発StageⅣb進行肝細胞癌の1例…杉原 雄策ほか

このページの先頭へ