現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


Gemcitabine+S-1療法が奏効しR0切除可能となった多発肝転移を伴う膵臓癌の2例

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
11272_13
著者:
佐藤 洋、土屋 嘉昭、會澤 雅樹、野村 達也、梨本 篤
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2014年
ページ数:
4ペ-ジ
ファイル容量:
1.29MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Two Cases of Pancreatic Cancer with Multiple Liver Metastases Treated with Radical Treatment after Successful Treatment with Gemcitabine plus S-1 Therapy

Summary
 We report two cases of pancreatic cancer with multiple liver metastases for which successful gemcitabine(GEM)+S-1 therapy facilitated radical resection. Case 1: A 40-year-old man with jaundice was diagnosed with pancreatic head cancer and multiple metastases. Radical treatment was not possible. Therefore, he was administered GEM+S-1(GEM 1,000 mg/m2 on days 1 and 8; S-1, 100 mg/day for 14 days). Administration of seven courses of therapy achieved complete remission(CR)of the metastatic lesions. Considering the possibility of residual tumors, a subtotal stomach-preserving pancreaticoduodenectomy was performed. Although pathological examination revealed a residual tumor in the primary lesion, R0 resection was achieved. GEM+S-1 therapy was resumed, and the patient is currently relapse-free. Case 2: A 65-year-old man with obstructive jaundice was diagnosed with pancreatic head cancer and multiple metastases. Radical treatment was not possible. Therefore, GEM+S-1 therapy was initiated. After 11 therapy courses, only one metastatic lesion remained. Radical treatment was then deemed possible, and a pylorus-preserving pancreaticoduodenectomy was performed. Pathological examination revealed residual tumors in the primary lesion and the peripancreatic lymph nodes. However, the liver nodules were only fibrotic, and their surgical radicality was R0. GEM+S-1 therapy was resumed, and the patient is currently relapse-free. Conclusion: The high response rate of GEM+S-1 therapy suggests its usefulness in facilitating radical resection after treatment with(GEM)+S-1.

要旨
 gemcitabine(GEM)+テガフール・ギメラシル・オテラシルカリウム配合剤(S-1)療法が奏効し,多発肝転移を伴う膵癌が根治切除可能となった2例を報告する。症例1: 40歳,男性。黄疸を契機に多発肝転移を伴う膵頭部癌を指摘された。根治切除不能と判断し,GEM(1,000 mg/m2,day 1,8)+S-1(100 mg/day 1~14 days)療法を施行した。7コース後,転移巣はCRとなった。腫瘍残存を考慮し,SSPPD-ⅡAを施行した。病理結果では原発巣に腫瘍残存がみられたが,R0切除であった。現在GEM+S-1療法を再開し,無再発である。症例2: 65歳,男性。閉塞性黄疸にて多発肝転移を伴う膵頭部癌と診断された。根治切除不能と診断し,GEM+S-1療法を11コース施行。転移巣は1か所のみとなり,根治切除可能と判断しPpPD-ⅡAを施行した。病理結果では原発巣およびNo. 13aリンパ節に腫瘍残存がみられたが,肝の結節は線維化のみでありR0手術であった。現在GEM+S-1療法を再開し,無再発である。GEM+S-1療法はGEM単独療法より奏効率が高く,術前治療の有効な選択肢であると考える。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 41巻9号 2014年9月号トップへ

【症例】

▶Gemcitabine+S-1療法が奏効しR0切除可能となった多発肝転移を伴う膵臓癌の2例…佐 藤  洋ほか

このページの先頭へ