現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


S-1,capecitabineの少量・長期投与で5年10か月生存した腹膜播種を伴った胃癌の1例

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
11274_13
著者:
植田 史朗、南 義彦、原 育史、中村 達也
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2014年
ページ数:
3ペ-ジ
ファイル容量:
1.16MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

A Case of Gastric Cancer with Peritoneal Dissemination Successfully Treated with Low-Dose S-1 or Capecitabine Chemotherapy for Five Years

Summary
 We report a case of gastric cancer with peritoneal dissemination that was successfully treated with low-dose S-1 or capecitabine chemotherapy over a 5-year period. In September 2007, distal gastrectomy was performed for treating gastric cancer with synchronous peritoneal dissemination in a 78-year-old man. Combination chemotherapy of S-1 and CDDP was administered after the surgical procedure. Following the completion of 9 courses, this regimen was discontinued owing to adverse events; therefore, S-1(40-50 mg/body/day)or capecitabine(1,800 mg/body/day)chemotherapy was initiated. S-1 or capecitabine were orally administered for 2 weeks, followed by a 2-week or 1-week interval, respectively; this regimen was continued for over 5 years. The patient died in June 2013.

要旨
 腹膜播種を伴う胃癌の予後は極めて不良であり,5年を超える長期生存例になると極めてまれである。今回われわれは,腹膜播種を伴った胃癌手術症例に対してS-1,capecitabineを長期投与,かつ少量投与で術後5年10か月の長期生存が得られた症例を経験したので報告する。症例は78歳,男性。2007年9月に胃癌に対して幽門側胃切除を施行し,術中所見で腹膜播種を認めた。S-1+CDDPを施行するが有害事象にて脱落のため,S-1を40~50 mg/body/day,2週投薬2週休薬で38コース施行した。その後capecitabineへ変更し,1,800 mg/body/dayにて2週投薬1週休薬で26コース施行し,2013年6月に84歳で癌死した。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 41巻9号 2014年9月号トップへ

【症例】

▶S-1,capecitabineの少量・長期投与で5年10か月生存した腹膜播種を伴った胃癌の1例…植田 史朗ほか

このページの先頭へ