現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


S-1+CDDP+Trastuzumabが有効であった多発性肝・肺・リンパ節転移を伴う進行胃癌の1例

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
11276_13
著者:
福田 直人、仁木 径雄、佐野 允哉、小倉 礼那、和田 浄史
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2014年
ページ数:
4ペ-ジ
ファイル容量:
1.25MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

A Case of Advanced Gastric Cancer with Multiple Liver, Lung, and Lymph Node Metastases Treated with S-1, CDDP, and Trastuzumab

Summary
 The patient was a 58-year-old man diagnosed with type 2 advanced gastric cancer located at the fundus with multiple liver, lung, and lymph node metastases(Stage Ⅳ). Examination of an endoscopically obtained biopsy specimen revealed poorly differentiated adenocarcinoma(por), which stained positive for human epidermal growth factor receptor 2(HER2)on immunohistochemistry. We started chemotherapy with S-1 plus cisplatin(CDDP)plus trastuzumab. The treatment was effective, as the tumor had reduced in size by 22.5% and 36.2%(partial response[PR])after 3 and 6 courses, respectively. Adverse events related to the treatment were limited to grade 1 fever, nausea, vomiting, and diarrhea. The patient's chief complaints of right upper abdominal pain and abdominal fullness remarkably improved after treatment initiation. Although the therapy was effective against the multiple liver metastases and could be continued for 11 courses, the lymph nodes metastases did not respond to therapy(progressive disease[PD]), and the patient died 9 months after the start of treatment. Chemotherapy with S-1 pus CDDP plus trastuzumab may be effective for HER2-positive advanced gastric cancer with liver metastasis.

要旨
 症例は58歳,男性。診断は噴門部の2型腫瘍で同時性に多発性肝・肺・リンパ節転移を伴っており,Stage Ⅳ進行胃癌であった。生検の結果は低分化型腺癌で,HER2が3+(IHC法)と陽性であった。そこでS-1+CDDP+trastuzumabの3剤併用による化学療法を適用した。3コースにて22.5%の縮小率が得られ,6コース後の再検にてPR(36.2%縮小)となった。有害事象はgrade 1の発熱,嘔気,嘔吐,下痢のみであった。右上腹部痛および腹部膨満の症状も著しく改善した。結果的に肝転移に対しては著効したが,リンパ節転移には効果なく11コース後の9か月目に原病死した。HER2陽性進行胃癌,特に肝転移を有する例に対してS-1+CDDP+trastuzumabによる化学療法は,有効なレジメンである可能性が示唆された。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 41巻9号 2014年9月号トップへ

【症例】

▶S-1+CDDP+Trastuzumabが有効であった多発性肝・肺・リンパ節転移を伴う進行胃癌の1例…福田 直人ほか

このページの先頭へ