現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


集学的治療が奏効し4年間PRを維持し得たStageⅣ胃癌の1例

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
11277_13
著者:
城月 順子、澤田 鉄二、奥野 倫久、村橋 邦康、西野 光一
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2014年
ページ数:
3ペ-ジ
ファイル容量:
1.10MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

A Case of StageⅣ Gastric Cancer in Which a Partial Response Was Maintained for Four Years with Multidisciplinary Treatment

Summary
 The patient was a 63-year-old man with StageⅣ gastric cancer(cT3, cNX, cM1[LYN]). After chemotherapy with S-1 plus paclitaxel(PTX), a partial response was achieved, and distal gastrectomy was subsequently performed. During continued chemotherapy with S-1 plus PTX after surgery, enlarged lymph nodes(#16)were observed. Metastasis was detected and treated with radiation therapy. Ten months after the cervical and Virchow lymph node metastases were detected, lymph node dissection was performed. After the second surgery, chemotherapy with S-1 plus cisplatin(CDDP)was selected, but the regimen was changed to S-1 alone because of cerebral infarction. This treatment resulted in the maintenance of a partial response for one year. However, lymph node metastases around the right iliac artery and left cervix subsequently appeared, and lymph node dissection was performed. Since the metastatic lesions remained inside the left parotid gland, radiation therapy to the cervical region was performed again. However, the right inguinal and iliac lymph node metastases enlarged, and we again attempted to treat them with radiation therapy. The patient died due to peritoneal dissemination four years and two months after his first visit.

要旨
 症例は63歳,男性。幽門部3型胃癌cT3,cNX,cM1(LYM)にてStageⅣと診断,S-1+paclitaxel(PTX)(2コース)による化学療法施行後,PRが得られ幽門側胃切除術施行。術後もS-1+PTXを継続するも,#16リンパ節の腫大を再度認めたため,術後7か月目に放射線療法を行った。10か月後,左鎖骨上窩から頸部リンパ節転移を認め,頸部リンパ節郭清術を施行。術後S-1+cisplatin(CDDP)療法に変更するも,脳梗塞を発症したためS-1単剤に変更。PRを維持していたが,1年後に右総腸骨動脈前面および左頸部のリンパ節腫大を認めたため,再度可及的リンパ節郭清術を施行した。左耳下腺内および深部リンパ節転移残存部に対しては,放射線療法を行った。半年後,右鼠径部リンパ節再発を認め放射線療法施行,irinotecan(CPT-11)単剤療法を行うも腹膜転移の増悪を認め,治療開始後約4年2か月で永眠された。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 41巻9号 2014年9月号トップへ

【症例】

▶集学的治療が奏効し4年間PRを維持し得たStageⅣ胃癌の1例…城月 順子ほか

このページの先頭へ