現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


術前補助化学放射線療法後に切除した局所進行S状結腸癌の1例

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
11278_13
著者:
吉冨 摩美、橋田 裕毅、野村 明成、上田 修吾、寺嶋 宏明、尾崎 信弘
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2014年
ページ数:
4ペ-ジ
ファイル容量:
1.08MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

A Case of Locally Advanced Sigmoid Colon Cancer Treated with Neoadjuvant Chemoradiotherapy

Summary
 The patient was a 38-year-old woman who visited our hospital complaining of nausea and abdominal pain. A colonoscopy revealed an advanced cancer in the sigmoid colon. A computed tomography(CT)scan showed left hydronephrosis and lymph node metastasis to the left iliopsoas muscle and left ureter. No distant metastasis was found. Since the surgical margins were likely to be positive with a one-stage resection, 3 cycles of FOLFOX4(folinic acid, fluorouracil, and oxaliplatin)were administered after creating a transverse loop colostomy. Although the tumor decreased in size, the surgical margins were still suspected to be positive. For further regional tumor control, radiotherapy(1.8 Gy/day for 25 days)to the medial region of the left iliac bone and oral UFT/LV(uracil and tegafur/Leucovorin)were administered. A partial response(PR)was determined in accordance with the Response Evaluation Criteria in Solid Tumors(RECIST). Sigmoidectomy with partial resection of the left ureter was performed by laparotomy. The histologic response was assessed as Grade 2 and all surgical margins were negative. Preoperative chemoradiotherapy may be an effective therapeutic option for locally advanced colon cancer resistant to conventional preoperative chemotherapy.

要旨
 症例は38歳,女性。主訴は悪心と腹痛。精査にて転移リンパ節の左腸腰筋および左尿管浸潤を伴うS状結腸進行癌と診断された。遠隔転移を認めなかったが,一期的切除による外科的剥離面陽性が危惧されたため,人工肛門造設後,FOLFOX4 による術前補助化学療法を行った。その結果,原発巣,リンパ節ともに縮小したが,依然剥離面への癌遺残が危惧された。そこで,強力な局所制御効果の期待できる術前補助化学放射線療法として,左腸骨内側領域への放射線照射(総量45 Gy)とUFT/LVの内服を行った。治療効果はPRであり,開腹S状結腸切除,左尿管部分切除を行った。組織学的効果はGrade 2で,組織学的に切除断端はすべて陰性でR0手術となった。局所進行結腸癌に対して,術前補助化学放射線療法は適応を選べば有効な選択肢の一つになり得ると考えられた。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 41巻9号 2014年9月号トップへ

【症例】

▶術前補助化学放射線療法後に切除した局所進行S状結腸癌の1例…吉冨 摩美ほか

このページの先頭へ