現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


クラリスロマイシンの上乗せにより再奏効したレナリドミド抵抗性IgA骨髄腫の3例

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
11279_13
著者:
黒田 裕行 ほか
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2014年
ページ数:
4ペ-ジ
ファイル容量:
1.18MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Three Cases of Lenalidomide-Resistant IgA Myeloma for Which a Response Was Regained after the Addition of Clarithromycin

Summary
 BiRd combination therapy, which comprises clarithromycin(CAM: Biaxin®), lenalidomide(LEN: Revlimid®), and dexamethasone(DEX), is a highly effective treatment for newly diagnosed symptomatic myeloma. However, its efficacy against recurrent myeloma refractory to combination therapy with LEN and DEX(Rd therapy)remains unclear. Here, we report on BiRd therapy administered to three patients with IgA myeloma exacerbated during Rd therapy and for whom transplantation was not indicated, by adding CAM to the Rd regimen. Because the IgA levels increased again after Rd therapy in all patients, treatment was switched to BiRd therapy. In all cases, the IgA levels decreased after switching to BiRd therapy, with no exacerbation or hematological or non-hematological toxicity observed. Thus, BiRd therapy may represent a therapeutic option for symptomatic myeloma resistant to Rd therapy.


要旨
 BiRdは,clarithromycin(CAM: Biaxin®)・lenalidomide(LEN: Revlimid®)・dexamethasone(DEX)の併用療法であり,新規に診断された症候性骨髄腫患者において高い奏効率が報告されている。しかし,LEN・DEX(Rd)療法に抵抗性となった骨髄腫症例においてBiRd療法の効果は不明である。今回,Rd療法に抵抗性となった移植非適応IgA骨髄腫の3症例に対して,CAMを上乗せしたBiRd療法へ切り替えたところ,全例で再度IgA値が低下した。一方,CAMの上乗せによる有害事象はなかった。Rd抵抗性骨髄腫患者へのBiRd療法への切り替えは治療選択肢となると考えられた。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 41巻9号 2014年9月号トップへ

【症例】

▶クラリスロマイシンの上乗せにより再奏効したレナリドミド抵抗性IgA骨髄腫の3例…黒田 裕行ほか

このページの先頭へ