現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


Bevacizumabにより無再発長期生存が得られた脂肪肉腫の1例

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
11280_13
著者:
山口龍志郎、中川 裕司、佐藤 宗勝、小野 陸
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2014年
ページ数:
3ペ-ジ
ファイル容量:
1.42MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

A Case of Recurrent Liposarcoma Treated with Bevacizumab Chemotherapy Resulting in Prolonged Disease-Free Survival and Long-Term Overall Survival

Summary
 Retroperitoneal dedifferentiated liposarcoma is associated with a poor prognosis, and the efficacy of chemotherapy in such cases is controversial. We report a case of long-term survival in a patient with dedifferentiated liposarcoma treated with bevacizumab after repeated local recurrences. A 65-year-old man complained of abdominal pain. Abdominal computed tomography(CT)showed a well-enhanced retroperitoneal tumor. The tumor was resected together with the right kidney and adrenal gland. On the basis of histopathological findings, the tumor was diagnosed as a dedifferentiated liposarcoma adenocarcinoma. Eleven months later, local recurrence was diagnosed and the tumor was resected. Thereafter, repeated local recurrences were diagnosed, and repeated tumor resections were performed. Local recurrence and distant metastasis in the axilla and scapula soft tissue was detected 5.9 years after the initial operation. Bevacizumab therapy was initiated, and the tumor markedly reduced in size. Bevacizumab treatment has been continued for 6.7 years after the initial operation, with no tumor recurrence or metastasis.

要旨
 後腹膜原発の脱分化型脂肪肉腫は予後不良であり,また確立した化学療法はない。今回,bevacizumab(BV)療法が奏効し6年以上の長期生存が得られた1例を経験したので報告する。症例は65歳,男性。発熱,腹痛により当院受診。腹部CT検査にて後腹膜腫瘍を認め腫瘍摘出術および右腎,副腎合併切除を施行。病理所見にて脱分化型脂肪肉腫と診断された。初回手術後から11か月で局所再発を認め摘出術施行。その後も繰り返す再発のため摘出術を施行し,初回手術を含め10回の腫瘍切除を行った。初回手術より5年9か月に局所再発および肩甲骨近傍,腋窩に転移性腫瘍を認めたためinformed consentを得てBV療法を開始。開始後再発腫瘍と遠隔転移巣は縮小し,現在初回手術後6年7か月が経過したが無再発であり,外来化学療法通院中である。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 41巻9号 2014年9月号トップへ

【症例】

▶Bevacizumabにより無再発長期生存が得られた脂肪肉腫の1例…山口龍志郎ほか

このページの先頭へ