現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。

Dr.林の当直裏御法度 ER問題解決の極上Tips70 第1版4刷

電子書籍販売価格(税込):
3,024

商品コード:
10013_13
著者:
林 寛之
出版社:
三輪書店 出版社HP
発行:
2006年
ページ数:
340ペ-ジ
ファイル容量:
7.60MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

「目指すは、明るく楽しいER」を口癖に、愛のハリセン片手に、研修医の指導に邁進する我らのDr.林が伝授する「ER式対人トラブルシューティング」。医療現場には本当に困ったちゃんがいっぱい。ただでさえ寝不足の中、緊張して治療にあたる若き研修医に襲いかかるわがままな患者さんや先輩医の心ない仕打ち。だからといって投げちゃいけない。どんな困難にも解決策はあるもの。そんな誰も教えてくれない、問題解決の極上Tipsをそっとお教えします。これを読めば当直なんて怖くない。研修医必携のお守りです。

目次

Case 1…「先に診ろ!」と、待合室でどなる 893 風のお兄さん
Case 2…ナ、ナ、ナイフ!
Case 3…「ちょっと薬を射ってくれや、頼むわ」
Case 4…いちゃもん Part 1 俺のスーツ弁償せんか!
Case 5…いちゃもん Part 2 いつまで待たせる気だ!
Case 6…診察の結果入院をさせたいが、家族も身寄りもないらしい.どうやらホームレスのようだが
Case 7…危険な患者さんの対処法 Part 1
Case 8…危険な患者さんの対処法 Part 2
Case 9…危険な患者さんの対処法 Part 3
Case 10…Frequent flyer?
Case 11…患者さん満足度 Part 1 コンビニ外来? 開いてて良かった!?
Case 12…患者さん満足度 Part 2 あなたなら、一発大逆転を狙える!?
Case 13…患者さん満足度 Part 3 どうしたら私の思いが伝わるの?
Case 14…患者さんの核心をつかむべし
Case 15…骨折診断 Part 1 骨折診断は臨床診断
Case 16…骨折診断 Part 2 どうして骨折を見逃すんだろう?
Case 17…きつねにつままれた?
Case 18…アレルギーのウソ・ホント
Case 19…あんまり大したことがないのに大げさだなぁ
Case 20…創傷処置なんて簡単だって、誰が言った?
Case 21…あ~あ、心室細動じゃない、心肺停止かぁと思う前に
Case 22…下痢があります…ってか?
Case 23…腹痛の裏ルール
Case 24…妻虐待 DV
Case 25…小児のけがは要注意
Case 26…小児の輸液路確保のとっておき
Case 27…コンサルトの Tips Part 1 D 先生、いないの?
Case 28…コンサルトの Tips Part 2 医学的適用だけでは決められない
Case 29…コンサルトの Tips Part 3 アッペ? PID? それが問題だ
Case 30…コンサルトの Tips Part 4 あのぉ、コンサルトお願いします
Case 31…コンサルトの Tips Part 5 行き先が決まらない
Case 32…絶対に診療は嫌だ!
Case 33…死亡診断書の 24 時間の縛りとは?
Case 34…あと一歩が大事…のカルテ記載
Case 35…診断書は拒否できる?
Case 36…妊娠してますか?
Case 37…ずるいと言われてもいいから
Case 38…セクハラと思われないために!
Case 39…腹痛の痛み止め神話
Case 40…救急の極意
Case 41…こわい薬は絶対に自分で
Case 42…急性疾患に対する心がまえ
Case 43…痛い注射は誰だって嫌だ!
Case 44…痙攣! 痙攣! 痙攣?
Case 45…系統だった主訴の紐解き方
Case 46…どうしてなくしちゃったの?
Case 47…熱恐怖症は誰の病気? Feverphobia
Case 48…診療は拒否できる?
Case 49…交通事故患者さんの受け入れ
Case 50…ペンは剣よりも強しって言うけれど
Case 51…人がいるじゃん!
Case 52…ちょっと待て、そのひと言が命取り
Case 53…救急室死亡患者家族の対応
Case 54…救急蘇生は聖域か?
Case 55…口は災いの元
Case 56…電話対応は難しい
Case 57…そんなバカな
Case 58…なぁんだ、結局、専門医か!?
Case 59…同僚の診察は慎重に
Case 60…他科の医者のドジはどう指摘すべきか
Case 61…災害救急 Part 1 多数傷病者編
Case 62…災害救急 Part 2 大災害編
Case 63…学校の保健の先生はどこまで知っていたらいいの?
Case 64…こんな上級医いらない
Case 65…こんな研修医いらない
Case 66…救急外来で働くあなたは病院の顔
Case 67…時間外診療の成功の鍵
Case 68…専門外だからって許してくれない
Case 69…研修医なんかに診てもらいたくない!
Case 70…その後いかがですか?
裏ルール川柳&医学用語解説
このページの先頭へ