現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


がん患者の経腸栄養

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
11314_13
著者:
鈴木 裕
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2014年
ページ数:
3ペ-ジ
ファイル容量:
0.96MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Enteral Nutrition in Cancer Patients

Summary
 The significance of nutritional management in patients with malignant tumors is under-recognized due to the lack of clear evidence of a direct link with survival rate. However, for cancer patients, with markedly reduced food intake continuing for≥7 days or intake of under 60% of estimated energy expenditure for≥10 days, as referred to in the European Society for Clinical Nutrition and Metabolism, rapid implementation of nutritional support constitutes a clinically appropriate intervention. With regard to route of administration, as with other conditions, enteral nutritional management is recommended if the gastrointestinal tract is available. The utility of enteral immunonutrition formulae containing eicosapentaenoic acid and other forms of nutritional management has also recently been reported and further studies are anticipated. However, the principles of nutritional management for cancer patients comprise not simply weight increase or improvement in nutritional markers but the maintenance of patient QOL in ways that include alleviation of symptoms and antitumor therapy side-effects, and decreased risk of infection. Administration routes such as percutaneous endoscopic gastrostomy should therefore also be discussed from this perspective.

要旨
 悪性腫瘍患者に対する栄養管理は,生存率向上などの明らかなエビデンスに直結していないことから,その意義は十分に認識されていない。しかし,ESPENのガイドラインが指摘している食事摂取困難7日以上,推測必要カロリーの60%未満の食事摂取が10日以上継続するがん患者に対しては,できるだけ早期から栄養補助を開始すべきとの見解は臨床的に適切な対処法と考えられる。栄養法も他の疾患同様に消化管が使用可能であれば経腸的な栄養管理が原則である。また,最近EPA含有経腸栄養剤による免疫栄養療法などの有用性も報告され今後の検討が待たれる。しかし,がん患者への栄養管理の原則は単なる体重増加や栄養指標の改善ではなく,症状や抗腫瘍療法の副作用の緩和,感染症リスクの軽減など患者のQOLの維持にあることで,PEGなどの投与ルートもその観点から議論すべきである。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 41巻10号 2014年10月号トップへ

【特集】がん患者の栄養管理

▶がん患者の経腸栄養…鈴 木  裕

このページの先頭へ