現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


がん患者のための食事レシピ―特に味覚異常のために―

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
11316_13
著者:
久保田芳郎、佐藤 常雄、長谷川浩司、松山 旭、村井いつき
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2014年
ページ数:
5ペ-ジ
ファイル容量:
3.29MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Twenty-One New Recipes Recommended by the Kikkoman Corporation to Reduce the Impact of Chemotherapy on the Sense of Taste

Summary
 A change in the sense of taste is a side effect of chemotherapy. Patients have an increased sensitivity to the bitter taste and a decreased sensitivity to the sweet, sour, and salty tastes, among other flavors. Therefore, sweet foods do not taste as sweet as they used to before chemotherapy. Kikkoman Corporation recommends 21 new recipes for cancer patients to reduce the impact of side effect on their appetite and to maintain their well-being.

要旨
 がん化学療法に伴う患者の味覚異常については,抗がん剤を投与された患者は食事で苦みを感じやすくなったり,全体的な味覚が弱く感じる傾向があることが知られている。味覚異常を有する抗がん剤治療患者にも食事を楽しんでもらうために,キッコーマン株式会社は21品目のレシピを開発し,ホームページに公開した。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 41巻10号 2014年10月号トップへ

【特集】がん患者の栄養管理

▶がん患者のための食事レシピ―特に味覚異常のために―…久保田芳郎ほか

このページの先頭へ