現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


切除不能進行再発大腸癌患者におけるレゴラフェニブの忍容性と有用性

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
11323_13
著者:
田中 彰、貞廣荘太郎、鈴木 俊之、岡田 和丈、齋藤 剛太
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2014年
ページ数:
6ペ-ジ
ファイル容量:
1.17MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Tolerability and Efficacy of Regorafenib in Patients with Unresectable Metastatic Colorectal Cancer

Summary
 Background: Regorafenib is an orally administered multikinase inhibitor that was approved for the treatment of unresectable metastatic colorectal cancer in Japan last year, following an international phase 3 trial(CORRECT)that provided evidence of a survival benefit. However, some concerns remain about high odd ratios of specific adverse events. Objectives and Methods: We examined the clinical records of 16 patients(age: 57-78 years)treated with regorafenib for metastatic colorectal cancer that had progressed after all standard therapies were administered. Patients received either 160 mg(standard dose)or 80 mg(reduced at the physician's discretion)of regorafenib orally once a day, for the first 3 weeks of each 4-week cycle. Predefined dose reduction(by 40 mg, once)and dose interruption were permitted to manage treatment-related toxic effects. Results: The median duration of treatment was 6.5 weeks(interquartile ratio[IQR]: 3.8-21.8). Dose modifications were required in 87.5% of patients, resulting in a relative dose intensity of 48.8%. Adverse events of grade 3 or higher related to regorafenib were hand-foot skin reactions(44%), fatigue(13%), thrombocytopenia(13%), anorexia(6%), and hypertension(6%), in addition to severe drug-induced liver injury in 1 patient. Disease control was achieved in 75.0%(95% confidence interval[CI]: 50.0-93.8)of patients, although no patient had a partial response. Progression-free survival(PFS)and overall survival(OS)were 9.0 weeks(8.5-9.5 weeks)and 26.6 weeks(5.0-48.1 weeks), respectively. Conclusion: The efficacy of regorafenib was confirmed in late-stage cases that were refractory to standard chemotherapies. Most adverse events were manageable, although treatment was discontinued permanently in some cases because of hand-foot skin reactions, fatigue, and liver injury. The duration of treatment was short, but disease control, OS, and PFS were similar to those found in the CORRECT trial.

要旨
 背景: レゴラフェニブは,大腸癌に適応を持つ初めての経口マルチキナーゼ阻害剤である。国際共同第Ⅲ相臨床試験(CORRECT試験)の結果を受け,2013年5月に保険収載されたが,特徴的な有害事象の多いことが懸念されている。対象と方法: 標準化学療法後に病勢進行した切除不能進行再発大腸癌患者の16例(57~78歳)を対象とした。レゴラフェニブは,主治医の判断により導入時1日1回160 mg(標準量)または80 mgを3週投与1週休薬のサイクルで継続した。有害事象により40 mgずつの減量または一時休薬した。結果: 投与期間中央値は6.5(IQR 3.8~21.8)週で,減量または中止を87.5%に認めた(相対用量強度48.8%)。grade 3以上の有害事象は,手足症候群44%,全身倦怠感13%,血小板減少13%,食欲不振6%,高血圧6%などであり,1例に重篤な肝障害が出現した。奏効率0%,病勢制御率(DCR)75.0(95%CI 50.0-93.8)%であった。PFS 9.0(8.5-9.5)週,OS 26.6(5.0-48.1)週であった。結論: 標準化学療法に不応となった転移再発大腸癌に対して,レゴラフェニブの有用性が確認された。有害事象の多くは対処可能であったが,手足症候群,全身疲労感,肝機能障害による投与中止例を認めた。CORRECT試験と比較して,DCR,OS,PFSは同等の結果であったが,投与期間は短かった。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 41巻10号 2014年10月号トップへ

【原著】

▶切除不能進行再発大腸癌患者におけるレゴラフェニブの忍容性と有用性…田 中  彰ほか

このページの先頭へ