現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


大腸癌手術における小野寺式栄養指数とModified Glasgow Prognostic Score(mGPS)の意義

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
11333_13
著者:
佐川まさの ほか
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2014年
ページ数:
3ペ-ジ
ファイル容量:
1.11MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Onodera's Prognostic Nutritional Index(PNI)and the Modified Glasgow Prognostic Score(mGPS)in Colorectal Cancer Surgery

Summary
 We evaluated the significance of the prognostic nutritional index(PNI)and modified Glasgow Prognostic Score(mGPS)in colorectal cancer resection. Methods: We classified 165 patients undergoing colorectal cancer excision according to PNI(>40[n=141]and ≤40[n=24])and mGPS(A/B[n=95], C[n=44], and D[n=26]). We examined the incidence of postoperative complications, postoperative hospital stay, and survival. Results: Both indices were associated with all complications, surgical site infection(SSI), and median postoperative hospital stay. RI was only associated with the mGPS, whereas a long postoperative hospital stay was associated with the PNI alone. Both indices showed a relationship with survival for each clinical stage. Conclusion: Both PNI and mGPS were useful clinical indices for patients undergoing colorectal cancer resection.

要旨
 大腸癌手術症例における小野寺式栄養指数(PNI)とmodified Glasgow prognostic score(mGPS)の意義につき,術後経過との関連から比較検討した。対象と方法: 大腸癌切除165例を,PNIは>40(141例),≦40(24例),mGPSはA/B群(95例),C群(44例),D群(26例)に大別し,術後合併症(GradeⅡ以上)の発生率と術後在院日数(中央値と長期滞在例),臨床病期別生存率との関連を検討した。結果: 全合併症,SSIでは両指標,RIではGPSのみ有意な関連がみられた。術後在院日数は中央値で両指標,長期例はPNI,生存率では両指標で有意な関連がみられた。結論: PNIおよびmGPSは術後経過を反映する有用な指標と考えられた。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 41巻10号 2014年10月号トップへ

【特別寄稿】第35回 癌免疫外科研究会

▶大腸癌手術における小野寺式栄養指数とModified Glasgow Prognostic Score(mGPS)の意義…佐川まさのほか

このページの先頭へ