現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


進行再発大腸癌に対する7種ペプチドワクチン+UFT/LV併用療法による臨床試験

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
11334_13
著者:
井上 啓介、杉浦 史哲、小北 晃弘、吉岡 康多、助川 寧、肥田 仁一、奥野 清隆
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2014年
ページ数:
4ペ-ジ
ファイル容量:
1.11MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Clinical Trial of a Seven-Peptide Vaccine and Tegafur-Uracil/Leucovorin as Combination Therapy for Advanced Colorectal Cancer

Summary
 We conducted a clinical trial of a seven-peptide vaccine in combination with tegafur-uracil/Leucovorin for advanced colorectal cancer. These antigenic peptides were derived from 5 proteins identified as cancer-testis antigens(ring finger protein 43[RNF43], translocase of outer mitochondrial membrane 34[TOMM34], maternal embryonic leucine zipper kinase[MELK], forkhead box M1[FOXM1], and holliday junction recognition protein[HJURP])and 2 vascular endothelial growth factor receptors(VEGFR1 and VEGFR2). Thirty patients with advanced colorectal cancer were enrolled. We found that 25 patients had Grade 1 injection-site redness/induration and 1 patient had Grade 3 anaphylaxis. Tumor imaging revealed that 3 patients had a partial response(PR), 15 had stable disease(SD)and 12 had progressive disease(PD). This trial showed that treatment with the seven-peptide vaccine and UFT/LV was well tolerated and feasible for advanced colorectal cancer.

要旨
 cDNAマイクロアレイ法によって,多種類の癌において新規腫瘍関連抗原が同定され,これら由来のペプチドを用いて臨床試験が進んでいる。われわれは,進行再発大腸癌に対する7種ペプチドワクチン+UFT/LV併用療法による臨床試験を計画し,30例が登録された。有害事象として25例にGrade 1の皮膚反応がみられ,1例にGrade 3のアナフィラキシーショックがみられたが迅速な処置により速やかに改善した。腫瘍縮小効果では,3例PR,15例SD,12例でPDという結果が得られた。7種ペプチドワクチン+UFT/LV併用療法は安全に施行でき,臨床効果の点からも期待のもてる治療と考えられた。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 41巻10号 2014年10月号トップへ

【特別寄稿】第35回 癌免疫外科研究会

▶進行再発大腸癌に対する7種ペプチドワクチン+UFT/LV併用療法による臨床試験…井上 啓介ほか

このページの先頭へ