現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


Aromatase Inhibitor耐性の乳癌再発症例におけるToremifeneの治療効果とIndoleamine 2,3-Dioxygenaseの発現について

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
11337_13
著者:
櫻井 健一 ほか
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2014年
ページ数:
3ペ-ジ
ファイル容量:
1.08MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Indoleamine 2,3-Dioxygenase Activity during Toremifene Therapy for Aromatase Inhibitor-Resistant Metastatic Breast Cancer

Summary
 We evaluated the clinical significance of indoleamine 2,3-dioxygenase(IDO)activity during toremifene(TOR)therapy for aromatase inhibitor(AI)-resistant metastatic breast cancer. IDO activity can be measured using the tryptophan/kynurenine(Trp/Kyn)ratio. Trp and Kyn were measured using high performance liquid chromatography(HPLC). The response rate of TOR therapy for AI-resistant metastatic breast cancer patients was 21.9%, and the clinical benefit rate was 62.5%. The serum Trp/Kyn ratio was significantly lower in AI-resistant metastatic breast cancer patients with distant metastases than in patients who had local recurrence. During TOR therapy, IDO activity was significantly decreased in the TOR responder group compared to the TOR non-responder group. IDO activity correlated with the number of metastatic lesions treated during TOR therapy. These results suggest that the Trp/Kyn ratio is a useful measurement in evaluating the immunological metastatic status during endocrine therapy.

要旨
 aromatase inhibitor(AI)耐性の転移・再発乳がん症例に対して高用量toremifene(TOR)(120 mg/day)を使用した症例についてindoleamine 2,3-dioxygenase(IDO)の発現程度を検討した。乳癌術後に補助療法としてAIを投与していたが,転移・再発を認めた32症例を対象とした。転移・再発時に採血を施行し,high performance liquid chromatography(HPLC)を用いてtryptophan(Trp)とkynurenine(Kyn)を測定し,Trp/Kyn ratioからIDOのactivityを測定した。観察期間の中央値17.2か月,TORの奏効率21.9%,臨床的有用率は62.5%であった。遠隔転移群は局所再発群に比べて再発時のTrp/Kyn ratioが有意に低かった。また,TOR奏効群は非奏効群に比べて治療中のTrp/Kyn ratioが有意に高かった。ホルモン療法施行中に病勢がコントロールできていた症例は治療効果に応じてTrp/Kyn ratioが変動した。乳癌術後の転移・再発時の内分泌療法中にTrp/Kynを測定することは病勢の推測に有用である可能性が示唆された。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 41巻10号 2014年10月号トップへ

【特別寄稿】第35回 癌免疫外科研究会

▶Aromatase Inhibitor耐性の乳癌再発症例におけるToremifeneの治療効果とIndoleamine 2,3-Dioxygenaseの発現について…櫻井 健一ほか

このページの先頭へ