現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


化学療法中の癌患者における全身倦怠感に対するレボカルニチン塩化物の使用経験

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
11339_13
著者:
柳川 憲一、松永 伸郎、中川 泰生
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2014年
ページ数:
3ペ-ジ
ファイル容量:
0.99MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Experience with Levocarnitine Chloride Supplementation for the Treatment of Fatigue in Cancer Patients Undergoing Chemotherapy

Summary
 Aim: Patients undergoing chemotherapy are at risk of carnitine deficiency, and carnitine supplementation has been demonstrated to improve cancer-related fatigue. We examined the changes in fatigue when cancer patients experiencing fatigue while undergoing chemotherapy were administered levocarnitine chloride. Materials and methods: Ten patients with advanced and recurrent cancer experiencing fatigue during chemotherapy were administered levocarnitine chloride. We investigated changes in fatigue, and carried out nutritional assessment using the numerical rating scale(NRS)and geriatric nutritional risk index(GNRI), before and after levocarnitine chloride treatment. Results: Four patients responded to levocarnitine chloride treatment, while six did not. Before treatment, the GNRI of responders was significantly lower than that of non-responders. The difference between the two groups disappeared after treatment. Conclusion: A form of malnutrition may have been present in responders, which may have been improved by carnitine supplementation. It is possible that an improvement in this nutritional disorder was involved in fatigue mitigation.

要旨
 目的: 化学療法中の癌患者では体内のレボカルニチンレベルの低下が指摘され倦怠感の要因の一つと考えられている。今回,化学療法中で倦怠感を訴える癌患者にレボカルニチン塩化物を投与し,倦怠感の変化を検討した。対象・方法: 化学療法中に倦怠感を訴えた進行・再発癌患者10例にレボカルニチン塩化物(900 mg/day)を経口投与し,倦怠感はnumerical rating scale(NRS),栄養評価はgeriatric nutritional risk index(GNRI)を用いて投与前後の変化を検討した。結果: 有効は10例中4例で倦怠感が改善した。投与前のGNRIは有効例で無効例より有意に低値を示していたが,投与後は両者間の差は消失した。考察: 有効例では何らかの栄養障害が存在し,それがレボカルニチンにて改善されたと考えられ,この栄養障害の改善が倦怠感軽減に関与した可能性が推測された。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 41巻10号 2014年10月号トップへ

【特別寄稿】第35回 癌免疫外科研究会

▶化学療法中の癌患者における全身倦怠感に対するレボカルニチン塩化物の使用経験…柳川 憲一ほか

このページの先頭へ