現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


進行再発卵巣癌および進行再発子宮悪性腫瘍に対する免疫療法・温熱療法の有効性(229例の検討)

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
11340_13
著者:
中村 華奈、花澤 清香、武田 和、住吉 瑠美、小林 省吾、武田 寛子、武田 力
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2014年
ページ数:
3ペ-ジ
ファイル容量:
1.03MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

The Effect of Immunotherapy and Hyperthermia on Advanced or Recurrent Ovarian and Uterine Cancer―229 Clinical Cases

Summary
 We treated 116 advanced or recurrent ovarian cancer and 102 uterine cancer patients with hyperthermia and/or immunotherapy(2005/7-2013/11). Of these, 63, 31, and 8 patients had cervical cancer, endometrial cancer, and uterine sarcoma, respectively. Standard therapy showed no effect or was refused by these patients. Twenty-nine(25.0%)ovarian cancer patients experienced a clinical benefit(complete response[CR], partial response[PR], and long-term stable disease[SD], >6 months). The effective rate of a combination of therapies including activated lymphocyte therapy, dendritic cell therapy, and hyperthermia was 47.5%. Thirteen(12.7%)uterine cancer patients experienced a clinical benefit. The effective rates for cervical cancer, endometrial cancer, and uterine sarcoma were 7.9%, 22.5%, and 12.5%, respectively. Both hyperthermia and immunotherapy were administered to successfully treat these patients.

要旨
 2005年7月~2013年11月に当院において,評価可能な116例の進行再発卵巣癌患者と102例の進行再発子宮悪性腫瘍患者に免疫療法・温熱療法を施行した。子宮頸癌63例,子宮体癌31例,子宮肉腫が8例であった。治療開始後6か月で判定したclinical benefit case(CR+PR+long SD)を有効と判定し,卵巣癌の有効例は29例(25.0%)と高く,特に活性化リンパ球,樹状細胞,温熱療法の三者併用での有効率が47.5%と最も高く,実質臓器への多発転移に有効であった。子宮悪性腫瘍への有効例は13例(12.7%),そのうち子宮頸癌は5例(7.9%),子宮体癌は7例(22.5%),子宮肉腫は1例(12.5%)であった。卵巣癌,子宮悪性腫瘍ともに温熱療法・免疫療法単独ではほとんど有効例は認められなかったが,併用にて有効が認められた。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 41巻10号 2014年10月号トップへ

【特別寄稿】第35回 癌免疫外科研究会

▶進行再発卵巣癌および進行再発子宮悪性腫瘍に対する免疫療法・温熱療法の有効性(229例の検討)…中村 華奈ほか

このページの先頭へ