現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


腹腔洗浄細胞診陽性進行膵癌に対して根治切除後術後補助療法としてTS-1+WT1ペプチド樹状細胞ワクチン療法を施行した1例

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
11341_13
著者:
橋本 和彦、東野 健、阿部 浩文、西田謙太郎、柳川 雄大、藤江裕二郎、藤田正一郎、藤田 淳也、吉田 
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2014年
ページ数:
3ペ-ジ
ファイル容量:
1.24MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Adjuvant Therapy with WT1 Peptide-Pulsed Dendritic Cell Therapy in Combination with TS-1 for Pancreatic Cancer with Positive Peritoneal Cytology after Curative Operation

Summary
 A 66-year-old woman was diagnosed with pancreatic tail cancer, and she was referred to our hospital. Abdominal computed tomography(CT)revealed a tumor(2.5 cm in diameter)in the pancreatic tail, with invasion to the spleen and splenic vein. In February 2013, we performed distal pancreatectomy with splenectomy, left adrenal gland resection, and D2 lymph node dissection. Diagnostic peritoneal lavage cytology during surgery was positive; however, we performed curative resection because there were no signs of peritoneal dissemination and distant metastasis. The patient was discharged from the hospital 23 days after the operation, with good postoperative course. Histological diagnosis was pancreatic tail cancer, pT4N0H0P0M(-)fStage Ⅳa. Subsequently, the patient received postoperative adjuvant chemotherapy(TS-1: 100 mg/day, 4 courses)combined with Wilms'tumor 1(WT1)peptide-pulsed dendritic cell therapy. No serious adverse events occurred during the postoperative adjuvant therapy. The patient remains alive without recurrence 16 months after the operation.

要旨
 症例は66歳,女性。他院で腫瘍マーカー高値を指摘され,精査の結果,膵尾部癌と診断された。手術目的で当科紹介となった。腹部CTでは,膵尾部に径2.5 cm大の乏血性腫瘤を認め,脾静脈・脾臓浸潤を伴う膵尾部癌と診断した。2013年2月,手術目的で当科入院となった。開腹時,少量の腹水を認め,腹腔洗浄細胞診(CY)を提出したところ,Class Ⅴであった。CY陽性であったが,遠隔転移もなく,腹膜播種も認めなかったので(H0P0),根治切除を行う方針とし,膵体尾部切除,脾臓摘出,左副腎切除,D2リンパ節郭清術を施行した。術後経過良好で,術後23日目に退院となった。病理組織診断で,pT4N0H0P0M(-)fStage Ⅳaであったため,術後34日目から補助化学療法としてTS-1を開始し,4コース(6か月間)施行した。WT1ペプチド樹状細胞ワクチン療法も併用して行い,7回投与(2~3週ごと)した。重篤な有害事象は認めなかった。術後1年4か月経過現在,無再発で外来通院中である。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 41巻10号 2014年10月号トップへ

【特別寄稿】第35回 癌免疫外科研究会

▶腹腔洗浄細胞診陽性進行膵癌に対して根治切除後術後補助療法としてTS-1+WT1ペプチド樹状細胞ワクチン療法を施行した1例…橋本 和彦ほか

このページの先頭へ