現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


食道癌手術における術前栄養スクリーニングの現状と評価

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
11342_13
著者:
島川 武 ほか
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2014年
ページ数:
3ペ-ジ
ファイル容量:
0.92MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Nutritional Screening before Surgery for Esophageal Cancer―Current Status and Evaluation Results

Summary
 The incidence of postoperative complications and mortality are usually higher in patients with preoperative malnutrition. Malnutrition often preexists, particularly in patients undergoing surgery for esophageal cancer, which is substantially invasive. It is therefore important to understand the nutritional condition of patients and actively control perioperative nutrition. Our hospital has been providing nutritional status screening for patients before resection of esophageal cancer, and we report the current status and evaluation results in this article. This screening included 158 patients requiring radical resection of esophageal cancer. Age, comorbidity with diabetes, body mass index(BMI), serum albumin(Alb), Onodera's prognostic nutritional index(PNI), and Glasgow prognostic score(GPS)were used as nutritional indicators to stratify patients for analysis. Evaluation parameters included the incidence of postoperative complications(any complication, pulmonary complications, psychiatric disorder, and anastomotic leakage)and rates of long-term postoperative hospitalization. The analysis indicated that age, BMI, serum Alb, PNI, and GPS are useful for predicting the onset of postoperative complications and prolonged postoperative hospitalization. For such patients, more active nutritional control should be provided.

要旨
 術前に栄養障害があると術後の合併症の発生率や死亡率が高くなる。特に食道癌手術患者は,術前から栄養障害に陥っていることが多く,手術の侵襲も大きい。したがって,栄養状態を正しく把握し積極的な周術期の栄養管理を行うことが大切である。そこで当院で施行している食道癌切除例の栄養スクリーニングの現状と評価について報告する。対象は食道癌根治切除例158例。栄養指標として,年齢,糖尿病の併存,BMI,血清Alb値,小野寺式栄養指数(PNI),Glasgow prognostic score(GPS)に分けて検討した。検討項目は,術後合併症の発生頻度(全合併症,肺合併症,精神障害,縫合不全)と術後在院日数長期例の頻度とした。結果は,年齢,BMI,血清Alb値,PNI,GPSの値が術後合併症の発生や術後在院日数長期化を予測する指標として有用であった。そうした症例では,より積極的な栄養管理を行うことが必要であると考える。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 41巻10号 2014年10月号トップへ

【特別寄稿】第35回 癌免疫外科研究会

▶食道癌手術における術前栄養スクリーニングの現状と評価…島 川  武ほか

このページの先頭へ