現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


StageⅣ胃癌における予後予測因子の検討

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
11345_13
著者:
鈴木 興秀 ほか
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2014年
ページ数:
3ペ-ジ
ファイル容量:
0.95MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Significant Prognostic Factors in StageⅣ Gastric Cancer

Summary
 The aim of this study was to evaluate clinicopathological variables, including the granulocyte-to-lymphocyte ratio(G/L ratio), as prognostic factors for StageⅣ gastric cancer patients. A total of 70 patients treated for StageⅣ gastric cancer were enrolled in this study. Univariate analysis indicated that age ≥70 years, performance status >2, resection not being performed, chemotherapy not being administered, high C-reactive protein(CRP)levels, and carbohydrate antigen 19-9 levels were significantly associated with poor survival. Multivariate analysis of these factors identified resection not being performed, chemotherapy not being administered, and high CRP levels as independent unfavorable factors of survival. Although the G/L ratio was not a prognostic factor for StageⅣ gastric cancer patients in this study, further studies with greater number of patients are required to determine whether the G/L ratio is a significant biomarker associated with survival.

要旨
 胃癌の予後因子としては臨床病期や病理組織学的所見,様々なバイオマーカーなどが提唱されているが,StageⅣ症例に限った報告は少ない。今回,顆粒球・リンパ球比(granulocyte-to-lymphocyte ratio: G/L比)を含む,実地臨床で得られる治療前の因子を用いてStageⅣ胃癌に対する予後予測が可能であるか検討した。当科で治療をしたStageⅣ胃癌のうち,G/L比が評価可能であった70例を対象とし,生存に影響を与える臨床病理学的因子をCox比例ハザードモデルの解析を用いて検討した。単変量解析では,年齢70歳以上,PS 2以上,原発巣非切除,化学療法非施行,CRPおよびCA19-9高値が生存に影響を与える有意な因子として抽出され,G/L比は有意な因子としては抽出されなかった。多変量解析では,原発巣非切除,化学療法非実施,CRP高値が予後不良な独立因子として抽出された。StageⅣ胃癌の予後予測因子に対するG/L比の関与については,さらなる検討が必要であるように考えられた。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 41巻10号 2014年10月号トップへ

【特別寄稿】第35回 癌免疫外科研究会

▶StageⅣ胃癌における予後予測因子の検討…鈴木 興秀ほか

このページの先頭へ