現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


HER2陽性StageⅣ胃癌に対するTrastuzumab併用化学療法の治療経験

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
11347_13
著者:
青松 直撥、土井 洋輔、竹村 哲、田中 浩明、六車 一哉、由井 三郎、平川 弘聖
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2014年
ページ数:
3ペ-ジ
ファイル容量:
1.24MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

A Case of Unresectable StageⅣ HER2-Positive Advanced Gastric Cancer Treated by Using Trastuzumab Combined with Chemotherapy

Summary
 We observed a case of unresectable StageⅣ human epidermal growth factor receptor 2(HER2)-positive advanced gastric cancer treated by using trastuzumab combined with chemotherapy. A 55-year-old man was admitted to our hospital because of dysphagia for 4 months. He was diagnosed with advanced gastric cancer with pyloric stenosis, multiple lung metastases, multiple liver metastases, peritoneal dissemination, and rectal muscle invasion. First, we initiated weekly chemotherapy with paclitaxel. Because the biopsy tissue was HER2-positive, we added trastuzumab to the weekly paclitaxel regimen. After 2 courses, dietary intake became possible, and he was then discharged from our hospital. However, after 3 courses of chemotherapy, disease progression was observed. He was admitted to the hospital again. We inserted a duodenal stent and changed the chemotherapy regimen to fluorouracil plus cisplatin(CDDP)plus trastuzumab. He did not experience any major adverse events during treatment. However, after 2 courses of chemotherapy, he died owing to cancerous peritonitis and intestinal obstruction.

要旨
 症例は55歳,男性。4か月前から食事が通りにくくなり,前医を受診し加療目的に当院紹介,入院となった。精査にて幽門狭窄を伴う進行胃癌,多発肺転移,多発肝転移,腹直筋浸潤,腹膜播種による癌性腹膜炎と診断された。経口摂取で嘔吐を来し,絶食・高カロリー輸液管理とした。weekly paclitaxelによる化学療法を開始し,1コース終了後,HER2の過剰発現(3+,IHC法)が判明したためtrastuzumabの追加を行った。2コース終了後,上部内視鏡検査にて腫瘍は縮小し幽門輪をファイバー通過可能となった。食事摂取が可能となったため退院し外来化学療法を継続した。3コース終了後,食欲低下で再入院となった。化学療法をfluorouracil+CDDP+trastuzumabに変更したが,幽門狭窄が強く消化管ステントを挿入した。再度食事摂取可能となり,合計2コース施行したが,腹膜播種によるイレウスを生じ徐々に状態は悪化し永眠された。経過中,約3か月近く外来通院が可能となり,その期間良好なQOLが保つことができた。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 41巻10号 2014年10月号トップへ

【特別寄稿】第35回 癌免疫外科研究会

▶HER2陽性StageⅣ胃癌に対するTrastuzumab併用化学療法の治療経験…青松 直撥ほか

このページの先頭へ