現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


日本の癌取扱い規約の問題点と解決法

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
11369_13
著者:
落合 淳志
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2014年
ページ数:
6ペ-ジ
ファイル容量:
1.31MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Problems of and Solutions of the Japanese General Rules of Cancer Handling

Summary
 More than 27 series of the Japanese general rules of cancer handling, which comprise the basic foundations of cancer diagnosis and treatment, are currently used for routine clinical management in Japan. However, important concerns such as compatibility with the Union for International Cancer Control(UICC)tumor-node-metastasis(TNM)classification, the lack of unity of revised time, and unsuitable term definitions during consensus have emerged following medical globalization, advances in medical treatment, and legislation regarding cancer registration in hospital, which will begin 2015.
 To efficiently employ the strong points of the Japanese general rules of cancer handling and conquer the problems associated with cancer treatment globalization in Japan, immediate unification of the current Japanese general rules of cancer handling is thought to be required.
 In this paper, I would like to propose a method for solving these problems henceforth by clarifying the problems associated with the Japanese general rules of cancer handling and establishing future relationships between the Japanese general rules of cancer handling and the UICC-TNM and American Joint Committee on Cancer(AJCC).

要旨
 癌診断・治療の基本となる癌取扱い規約は現在27に及びわが国の癌医療の基盤として実臨床に役立っているが,2015年から始まる院内がん登録の法制化とともに医療の専門化,国際化によりUICCのTNM分類との整合性など,改訂時期の不統一,規約間の用語の不適切定義の問題がでてきている。わが国の癌取扱い規約の長所を生かし,かつ国際化における問題点を克服するためには早急に個別に作成されていた癌取扱い規約の統一化が必要と考えられる。本稿では,癌取扱い規約と国際分類であるUICCおよびAJCCとの関係を明らかにするとともに,今後この問題点を解決するための方法を提案したい。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 41巻11号 2014年11月号トップへ

【総説】

▶日本の癌取扱い規約の問題点と解決法…落合 淳志

このページの先頭へ