現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


前立腺癌に対するロボット手術の現状

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
11371_13
著者:
橋本 剛、吉岡 邦彦、並木 一典、大野 芳正、橘 政昭
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2014年
ページ数:
9ペ-ジ
ファイル容量:
1.05MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Robot-Assisted Surgery―The Current State of Radical Prostatectomy

Summary
 Minimally invasive surgeries such as laparoscopic surgery and robot-assisted surgery have become validated treatment modalities and hold a prominent position in clinical practice. Robot-assisted radical prostatectomy(RARP)is a relatively new procedure. Because this technique does not require the urologist to overcome a steep and long learning curve, a dramatic increase in the number of RARP surgeries was observed in recent years and RARP has rapidly gained acceptance in the Japanese urological community after its introduction in Japan in 2006. Robot-assisted surgery that combines optical magnification, three-dimensional vision, and instruments with 7 degrees of freedom allows surgeons to perform meticulous, precise, and accurate movements. In summary, for the previously mentioned reasons, RARP is considered to be an effective procedure for improving intraoperative blood loss, the transfusion and complication rates, as well as the recovery of urinary continence and potency rates. In this article, we briefly describe the evolution of this minimally invasive technique. In addition, we present the current state of RARP and a critical evaluation of the learning curves associated with performing RARP as well as published oncological, continence, and potency outcomes.

要旨
 外科治療において身体的負担が少ない腹腔鏡手術やロボット支援手術といった低侵襲手術が,臨床の現場で導入され重要な位置を占めるようになった。これら低侵襲手術のなかで,ロボット支援根治的前立腺摘除術(robot-assisted radical prostatectomy: RARP)は比較的新しい治療方法である。しかし,技術習得におけるlearning curveが短いという利点のため,日本においてもわれわれが2006年に導入して以来RARPの普及は目覚ましく,本手術がごく一般的な手術の一つとして泌尿器科医に受け入れられるようになった。ロボット手術の特徴である拡大立体視野と自由度の高い鉗子操作により,従来の手術では困難を伴っていた手術手技が正確にかつ容易にできるようになった。このため,RARPは他の術式と比べ出血量や輸血率,周術期合併症は有意に低く,尿禁制率や勃起機能の温存率は有意に高いと考えられている。本稿では根治的前立腺摘除術に関する最新の報告をまとめ,手術時間,出血量,術後機能温存率,外科切除断端,生化学的再発,learning curveの観点からRARPの現状について概説する。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 41巻11号 2014年11月号トップへ

【特集】癌に対するロボット手術の現況

▶前立腺癌に対するロボット手術の現状…橋 本  剛ほか

このページの先頭へ