現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


総括

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
11376_13
著者:
寺島 雅典
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2014年
ページ数:
1ペ-ジ
ファイル容量:
0.87MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

 今回のCurrent Organ Topicsでは,近年大腸癌で注目されているいくつかのテーマについて解説していただいた。大腸癌におけるバイオマーカーの解析は今や大腸癌の治療薬選択に不可欠となっている。とりわけ,抗EGFR抗体薬であるcetuximab(Cmab)やpanitumumab(Pmab)においてはEGFR下流へのシグナル伝達経路に存在するRASの遺伝子変異が重要な効果規定因子となっている。当初majorな変異が認められる領域であるKRASのexon 2のみについて解析されていたが,その後の研究によりKRASの他のexonやNRASの変異によっても治療効果に影響を与えることが報告されるようになった。さらに,より下流に存在するRAFの変異や,PI3 kinase経路の分子による治療効果予測や個別化治療への応用も進められている。こういった日進月歩の大腸癌バイオマーカー研究に関して,愛知県がんセンターの谷口浩也先生から最新の情報を含めて解説いただいた。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 41巻11号 2014年11月号トップへ

【Current Organ Topics】Lower G. I./Colon and Rectum Cancer大腸癌

▶総括…寺島 雅典

このページの先頭へ