現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


Oxaliplatinによる末梢神経障害に対する治療アルゴリズムの試み

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
11381_13
著者:
二瓶 哲、佐藤 淳也、木村 聡元、大塚 幸喜、川口さち子、工藤 賢三
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2014年
ページ数:
4ペ-ジ
ファイル容量:
1.11MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Treatment Algorithm for Oxaliplatin-Induced Peripheral Neuropathy

Summary
 Oxaliplatin(L-OHP)is a key drug in the treatment of colorectal cancer; however, L-OHP-induced peripheral neuropathy becomes a dose-limiting factor for which withdrawal is the only effective option. In the present study, we attempted to treat L-OHP-induced peripheral neuropathy using the algorithm consisting of pregabalin, duloxetine, and oxycodone at Iwate Medical University Hospital. The first, second, and third stages of the algorithm consist of pregabalin, duloxetine, and oxycodone, respectively. We examined the usefulness and safety of the treatment algorithm for 27 patients with colorectal cancer by evaluating the side effects and degree of improvement of subjective symptoms. When discontinuation was necessary due to adverse events or invalid treatment during the 4-week study period, the patient was transitioned to the next stage. The response rates of the first, second, and third stages of the algorithm were 33%(9/27), 33%(6/18), and 17%(1/6), respectively, whereas the overall response rate was 59%(16/27). The side effect rates of the first, second, and third stages were 37%(10/27), 33%(6/18), and 83%(5/6), respectively. Somnolence was the most common side effect of these drugs. Thus, our treatment algorithm appears to be useful for L-OHP-induced peripheral neuropathy. However, pregabalin, duloxetine, and oxycodone should be administered with specific attention on the potential side effects.

要旨
 oxaliplatin(L-OHP)は大腸がん治療のキードラッグであるが,用量制限毒性として末梢神経障害が問題となる。そこで岩手医科大学附属病院(当院)では,pregabalin,duloxetineおよびoxycodoneを段階的に使用する治療アルゴリズムを用いてL-OHPによる末梢神経障害の軽減を試みたので報告する。大腸がん患者27例を対象とし,各段階における自覚症状の改善度および副作用の評価から治療アルゴリズムの有用性と安全性について検討した。治療アルゴリズムの概要は,第一段階(pregabalin),第二段階(duloxetine),第三段階(oxycodone)に設定し,4週間の効果判定期間により効果が得られない場合あるいは副作用により服薬を継続できない場合は次の段階へ移行することとした。各段階の奏効率(軽減を認めた患者/対象患者)は,第一段階33%(9/27),第二段階33%(6/18),第三段階が17%(1/6)であり,治療アルゴリズム全体の奏効率は59%(16/27)であった。副作用については,第一段階37%(10/27),第二段階33%(6/18),第三段階が83%(5/6)で認められ,特に傾眠が多かった。L-OHPによる末梢神経障害の対策として,われわれの作成した治療アルゴリズムが有用である。しかし,副作用には十分注意して使用すべきであると思われた。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 41巻11号 2014年11月号トップへ

【原著】

▶Oxaliplatinによる末梢神経障害に対する治療アルゴリズムの試み…二 瓶  哲ほか

このページの先頭へ