現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


盲腸癌術後リンパ節転移に対してXELOX+Bevacizumab療法後CRを得られた1例

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
11389_13
著者:
伊藤 慎吾 ほか
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2014年
ページ数:
4ペ-ジ
ファイル容量:
1.53MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

A Case of Cecum Colon Cancer with Lymph Node Metastasis Successfully Treated with XELOX plus Bevacizumab

Summary
 A 65-year-old woman with a history of constipation presented at our hospital and was subsequently diagnosed with advanced cecum cancer. We performed laparoscopic right hemicolectomy in January 2009, with pathological findings revealing the presence of StageⅢb(pT3, pN3, cM0, Cur A)disease. The patient was treated with a uracil/tegafur plus Leucovorin(UFT/LV)adjuvant chemotherapy regimen for six months. In June 2010, bold examination indicated an elevated level of tumor marker CA19-9. Computed tomography(CT)and positron emission tomography(PET)/CT revealed Virchow's and para-aortic lymph node metastasis. Therapy with XELOX and bevacizumab(Bmab)was administered and continued for 10 cycles. Capecitabine+Bmab treatment was also administered for 11 courses due to an adverse event of peripheral neuropathy. Follow-up revealed both the Virchow's and para-aortic lymph node metastasis had disappeared upon completion of treatment. In November, 2011 the patient was considered to have achieved a clinical complete response(CR)and continues to be followed with no further disease progression.

要旨
 症例は65歳,女性。便秘を主訴に当院を紹介受診。精査の結果,進行盲腸癌の診断で2009年1月に腹腔鏡下右半結腸切除術(D3郭清)を施行した。病理組織診断はtub2,A,type 2,pSS,pN3,cM0,ly3,v2,Stage Ⅲb,Cur Aであった。術後補助療法としてUFT/LV(6か月間)を施行した。2010年6月に腫瘍マーカーの上昇を認め,PET/CT検査を施行した。FDGの集積をVirchowリンパ節(SUVmax 3.6)と大動脈周囲リンパ節(SUVmax 8.2)に認め,リンパ節転移と診断した。その後XELOX+bevacizumab(Bmab)療法を10コース施行し,腫瘍マーカーは速やかに正常化した。また,CT検査ではリンパ節は縮小し痕跡を認める程度となった。化学療法中にgrade 3の末梢神経障害を認めたためoxaliplatinを中止し,capecitabine+Bmab療法をさらに11コース施行した。術後2年10か月のPET/CT検査では,転移リンパ節へのFDG集積は消失しCRと判断した。術後4年10か月経過しているが,約2年にわたりCRを継続している。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 41巻11号 2014年11月号トップへ

【症例】

▶盲腸癌術後リンパ節転移に対してXELOX+Bevacizumab療法後CRを得られた1例…伊藤 慎吾ほか

このページの先頭へ