現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


胸部異常陰影を契機に診断された若年者多発性骨髄腫の1例

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
11393_13
著者:
中尾心人、浅尾 優、香川友祐、曽根一輝、青木佐知子、佐藤英文、國枝武文、矢野寛樹、村松秀樹
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2014年
ページ数:
4ペ-ジ
ファイル容量:
1.26MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

A Case of Multiple Myeloma in a Young Adult, Discovered on the Basis of an Abnormal Finding on a Chest X-Ray Film

Summary
 A 35-year-old woman was referred to our hospital because of an abnormal finding on a chest X-ray film. Chest and abdominal computed tomography(CT)revealed a 25×5-mm tumor in the anterior right third rib as well as punched-out lesions in the vertebral bodies and iliac bones. Positron emission tomography(PET)/CT revealed accumulation in the right third rib and lumbar vertebral bodies. From these imaging findings and the lumbar magnetic resonance imaging(MRI)findings, we suspected a case of multiple myeloma. We performed histological bone marrow examination, serum protein electrophoresis, and urine immunoelectrophoresis. The patient was finally diagnosed with a Bence-Jones-type multiple myeloma. To our knowledge, this is a rare case of multiple myeloma in a young adult, discovered on the basis of an abnormal finding on a chest X-ray film.

要旨
 症例は35歳,女性。健康診断にて胸部X線写真での異常を指摘された。体幹部CTにて右第3肋骨前方の胸腔内へ突出する25×5 mmの腫瘤を認めるとともに,椎体や腸骨にも多発性の溶骨性変化を認めた。PET-CTでは右第3肋骨にSUVmax 2.95の集積がみられ,さらに腰椎椎体にも結節状集積がみられた。骨以外に明らかな病変を認めず,胸部および腰椎MRI所見も併せて多発性骨髄腫が疑われた。腸骨骨髄生検を行うとともに,血清蛋白電気泳動,尿免疫電気泳動を行い,Bence Jones型多発性骨髄腫の診断を得た。胸部異常陰影指摘を契機に診断に至った若年者多発性骨髄腫の1例を経験した。まれな症例と考えられ報告する。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 41巻11号 2014年11月号トップへ

【症例】

▶胸部異常陰影を契機に診断された若年者多発性骨髄腫の1例…中尾 心人ほか

このページの先頭へ