現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


頭頸部癌におけるS-1併用化学放射線療法による口腔粘膜炎出現時期の検討

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
11489_13
著者:
米北 浩人、髙瀬 久光、緒方憲太郎、二神幸次郎、野元 諭、吉満 研吾、中川 尚志、徳永 惣平
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2014年
ページ数:
5ペ-ジ
ファイル容量:
2.18MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

The Timing of the Appearance of Oral Mucositis Induced by Concurrent Chemoradiotherapy with S-1 for Head and Neck Cancer

Summary
 Oral mucositis is a frequent adverse event in patients receiving concurrent chemoradiotherapy for head and neck cancer. Although the management of oral mucositis is essential to improve treatment completion rates, no detailed studies on the time of oral mucositis appearance have been reported. We conducted a retrospective study on the timing of the appearance of oral mucositis induced by concurrent chemoradiotherapy with S-1 for head and neck cancer. A total of 11 patients with head and neck cancer who received concurrent chemoradiotherapy with S-1 were examined. All patients developed oral mucositis within 13.8±5.6 days after the initiation of radiotherapy(20.4±8.1 Gy). In addition, the effects of pain-associated symptoms caused by oral mucositis on the patients' nutritional status, including reduction in caloric intake(24.4%±31.1%), weight loss(5.2%±5.2%), and duration of a regular diet(24.5±17.1 days), were observed and lasted until the completion of radiation therapy. The delineation of the timing of oral mucositis appearance has become a key motivator for the patients to perform oral care proactively to limit severity and serves as a necessary index for monitoring oral health and managing pain and nutrition.

要旨
 頭頸部癌において化学放射線同時併用療法は,有害事象として口腔粘膜炎が高頻度でみられる。治療の完遂率を向上するためには口腔粘膜炎の管理が必須であるが,その出現時期についての詳細な報告はない。今回われわれは,頭頸部癌におけるS-1併用化学放射線療法による口腔粘膜炎の出現時期について後ろ向きに検討を行った。対象は,S-1併用化学放射線療法を施行した頭頸部癌患者11例とした。口腔粘膜炎の出現時期は放射線治療開始後13.8±5.6日目(20.4±8.1 Gy)であり,全例に認めた。また,口腔粘膜炎による疼痛の随伴症状として放射線療法終了までに摂取カロリー減少率24.4±31.1%,体重減少率5.2±5.2%,常食摂取を維持できた日数24.5±17.1日であり,栄養状態への影響がみられた。口腔粘膜炎の出現時期が明らかになったことは,その重篤化を防ぐために患者自身が口腔ケアを積極的に実施する重要な動機付けとなり,口腔内のモニタリングや疼痛・栄養管理を行う上で必要な指標となり得る。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 41巻13号 2014年12月号トップへ

【原著】

▶頭頸部癌におけるS-1併用化学放射線療法による口腔粘膜炎出現時期の検討…米北 浩人ほか

このページの先頭へ